2021年5月12日 (水)

検証

Img_1106

五月も3分の1が過ぎました。

1ヶ月先のことも見通せなくなっています・・

シロクマの日常は変わりませんが、このつもり積もったやるかたなし感はどうしたらよいのでしょう・・

Img_1090

庭のジャーマンアイリスが咲いたよ~と画像を送った友人から

紫つながりの美味しいものをいただきました。

Img_1116

Img_1117

羽生君の衣装を連想させるお菓子・ルマンドの贅沢バージョン。

Img_1118

何処がどう贅沢なんだろう?

検証してみましょう。

Img_1119

長さは同じですが、贅沢バージョンはずっしり太い!

Img_1120

サクサクのクレープクッキー(メーカーによる)部分の層が倍増されていてます。

その分バターの風味のリッチ度が増して、う~む美味しいです。

こんな時だからこそ、贅沢なひとときを・・

と行きたいのですが、 なかなか売ってないんですよね・・・💧

2021年4月 1日 (木)

イースター

春になってウキウキするのは、桜に踊る日本人だけではありません。

雛祭りに続いて桜ときたら、さて次はーーと季節の設えを追いかける商戦にまんまと載ってしまう、

悲しいサガなのか・・

ナチュラルキッチンでイースター・リースの可愛いパーツを仕入れてしまいました。

100均だと思うと、失敗しても惜しくないか・・という取り組み方が、ダメだよね・・

早く作業にかかればよいものを、カウントダウンに焦りながら、やっと作りました。

Img_1065

Img_1058

年とともに、引き算が苦手になってきて、盛りすぎました。

花盛りの春、お出かけしたいです・・

 

いつもご愛顧いただいている応援団から、ご注文をいただいて、

久しぶりのマカロンとパス・ポーチを作りました。

Img_1049

ハートマカロンの芯をいつもの手芸用品店に買いに行ったら、

問い合わせてもらった末に、もう製造中止と言われ、一瞬どうしようかと思いましたが

ググれば手に入る・・世の中どうなっているのでしょうねぇ?

2021年3月30日 (火)

さくら

日本人にとって桜は魔性の花なのだそうだ・・

刹那に散りゆく定めゆえか・・

日頃興味などなかろうにと思われる人々も、このときばかりは

花の下に集いたくなる・・

風情を尊ぶとはチト違うものの、春の訪れを喜びたいのですな・・

名のあるところは、何処も密・・

名所でなくても、近所の桜は見頃をウォッチしています。

Img_1061

先週末、まだ満開ではなかったので、

花散らしの嵐に耐えてほしいと心配でしたが、

今朝は満開、ハラハラ散り始めていました。

Img_1072_20210331090201 Img_1070_20210331090201

この散り際が心に刺さり・・ 魔性なんでしょうね・・

 

さて、巷では

桜に乗じて、期間限定のお菓子があふれています。

福岡のお菓子をいただきました。

どこかで食べたことのある食感・・

そうだ、京都の阿闍梨餅。

餡が桜餡ですが、もちもちの食感が似ています。

Img_1054

もう一つ、意外なところで桜・・

Img_1066 Img_1068

シュウマイの崎陽軒から。

シュウマイ坊やの白いお饅頭は中身はシュウマイ。で、ピンクの中身は桜餡。

ミニサイズで、食べやすい。

まさか肉まん、餡まんってこと!?

 

 

2021年3月25日 (木)

テイク アウト

逆詐欺画像であちこちのTV番組で話題になったコメダのメニュー、

息子2のリクエストで、テイクアウトしてきました。

ウィークデイのお昼でしたが、駐車場は満車。

カツカリーパンとドミグラスバーガーをオーダー。

Img_1008

新宿中村屋とコラボしたスパイシーなカリーソースがとろーりとかかっています。

おおー! TVの通り、メニューから想像した大きさを超えていました。

三つにカットされていますが、シェアする体制ですね。

Img_1007 Img_1009

こちらのバーガーも期待に違わず。

甘めのドミグラスがとろーりで、美味しゅうございました。

もう一品、息子2が推奨するテイクアウトが・・

松屋のシュクメルリ。

ジョージアの伝統料理だそうで・・

昭和のシロクマにはグルジアといわれないとピンと来ないわけで・・

Img_1010

チキンのガーリックチーズ煮込み、これまたガッツリで

息子2が好みだというのに頷けます。

 

緊急事態宣言が解除になっても、何も変わっていない世の中、

我が家のB級テイクアウト全盛もまだまだ続くことでしょう・・

 

 

 

 

2021年3月 6日 (土)

雛祭り過ぎて・・・

弥生の空は

曇っています。

Img_1023

ただ、ヌーっと暖かいので、ボーっとしている間に

雛祭りも過ぎていきました。

我が家は雛祭りには縁がないので、

毎度おなじみのミニチュア雛を飾り、

ちらし寿司をつくり、雛祭りらしいお菓子をいただく・・

といつもと変わらぬ春を迎えましたが、この開放感のなさ・・

Img_1033

Img_1035

Img_1031

やる方なきストレス、どうしてくれようぞ!

2021年2月22日 (月)

にゃんこの日

2月22日はニャンニャンニャンで「にゃんこの日」なんだそうな・・・

○○の日って、よく思いつくものです。

Img_0932_20210222161101 

「家政婦は見た」よろしく、実家にやってくる外猫。

”耳ぱっちん”されてます。

触らせたりはしませんが、自分の存在を認めている人には

好意をチラリと見せていきます。

のんきな家猫と違って、厳しいけれど自由気ままな道をゆくんだね・・

で、

ちょうどニャンニャンの日の今日、KALDIに寄ったら

猫模様のジュートの手提げにいれた猫の日アソートを販売していました。

バレンタインとひな祭りの間にちゃっかり割り込んできたのね!

乗せらるかい!と思っていましたが、ボトルがかわいくて・・

ついつい・・

Img_1022

ゆずのリキュールほろ酔いにゃん

バッグとは別売、単品です。

今晩楽しみにいただきます♡

しかし

昨日、今日の暖かさは一体どうなっているのでしょうか?

明日はまた冬に戻るそうですが、順応できまっせん!

 

2021年2月 3日 (水)

季節を分ける

2月2日の節分は124年ぶりだそうで・・

その仕組みを説明されても、どうもピンときません。

とにかく今日から暦の上では’春’なのです。

心華やぎませんね。

赤鬼、青鬼さんにも疫病退散に加勢してほしいくらいです・・

Img_0999

シロクマ家は関西ルーツではないので、恵方巻きの習慣はありませんでしたが、

若干一名息子2が代表して南南東を向いてまるかぶりしておりました・・

息子曰く、「恵方巻きを切って食べたら、縁が切れるからいけないのだ」

そうですが、

中高年はまるかぶりには細心の注意が必要かと・・

で、

いつもはお店にならばない太巻きを買って普通にいただいた訳で・・

Img_1002

ヒレカツ巻きはイマイチでした。

節分と言えば鰯、

今年は明太鰯を焼きました。

美味しいのですが、焼き方がむずかしく・・

焦げるのし、中の明太は流れ出るし・・

今年は新兵器を導入。

お料理上手の友人のブログで拝見して、これは良い!と、

魚焼きグリル用の角形パンでこんがりいい感じに焼けました。

Img_1001

西京漬とか、焦げやすいものに強い味方です!

 

ステッチ参考: 『季節のリース刺しゅう』  日本ヴォーグ社刊

2021年1月28日 (木)

富士山のタペストリー

寒暖の差が激しい日々、冬眠を決め込んでいるうちに、

時は流れ~ 1月も終わっちゃう・・

せっせと家仕事をこなせば良いのに、だらだらしていたので、

年末に始めたタペストリー、予想どおりお正月には間に合わず・・

この季節、乾燥+手指消毒で指先がいつにも増してカッサカサで、

刺繍糸が引っかかり、あちこち毛羽立ってくる始末・・

なんとか完成させました・・

Img_0991

和柄の縁を上下につけてタペストリーに

Img_0996

おめでたいもの大集合で、陰鬱な空気を吹き飛ばして欲しいものです・・

 

手仕事テーブルには相棒のプライベート加湿器が欠かせません。

Img_0985

なんだか、富士山に似てないこともない?

ブルーのライトは数色に変化します。

 

あっ、雪になった・・

 

参考: 「ステッチ イデー」Vol.32 日本ヴォーグ社刊

2021年1月18日 (月)

何をたべるか・・

また巣ごもりご飯に悩まされています。

息子達の好みにつきあっていると、さすがにげっそりのお年頃ゆえ、

胃に優しいものが良いですね。

で、

オレンジ色の白菜オレンジクインを焼いてみる・・

オレンジの部分に含まれる「シスリコピン」が活性酸素除去に働くのだそうな・・

ベーコンとニンニクを炒め、白ワイン、オリーブオイル、酢、塩こしょうしたところに

焼いた白菜を戻してさっと煮るだけ。

Img_0987

甘みも増してシロクマ好みです。

また、

血糖値を下げるイヌリンを含んだ菊芋。

健康雑誌のサプリでしか見たことはなかったのですが、

生のキクイモが手に入りました。

食べやすいというきんぴらに。

Img_0924 Img_0925

ショウガみたいですが、フムフム、シャキシャキして食べやすい。

イモとはいえ、デンプンはほとんど無いのだそうな・・

サプリになるようなお薬的なイメージはありません。

生でも食べられるのね。

そういえば以前薄切りのキクイモがバーニャカウダのお皿にのっていたような・・

そのときはあまりに小さい一切れで、印象ゼロなのです・・

さて、

体に良いと言えばお酢でしょうか

Img_0379Img_0378

友人から紹介されたオレンジビネガーがシロクマのブームです。

オレンジの名のとおり甘酢なので、そのまま炭酸で割って飲むもよし、 

大根や蕪など野菜のマリネもなお良しです。

おせちのなますなど、 これだけでマイルドで美味しくできます。

洋風にピクルスもガンガンいけます。

でも、

やっぱりスイーツは外せず・・

お年賀にいただいた焼き菓子ですが

箱がかわいいので・・

Img_0979

もちろんお菓子も美味しくいただきました。

 

 

2021年1月12日 (火)

巣ごもりAGAIN

遅きに失していないことを祈ります。

例年はお正月気分もそろそろ返上して・・という頃ですが、

今年は年末年始もお正月という気分になれませんでした。

実家での新年会もやめたし、恒例の初詣にもまだ行っていないし、

仕事始めもないまま、私は在宅勤務になったし・・

でも郊外の街中は普通の人出だし、

成人式も執り行った我が市は、もはや入院する病床が1月27日をもってなくなるという状況なのです。

中高年としては、静かに巣ごもりするしかないですよ・・

 

そんな状況でも、時は流れていきます。

いただいた年賀状にはお嫁さんになったお嬢さんや、お孫ちゃんを抱いたおばあちゃま同級生の笑顔が踊っています。

そんな友人の普通の暮らしぶりが、こんなにうれしかった年は初めてかもしれません。

年賀状の中でおすまししている親戚の女子も今年小学生。

早いなぁ・・

これまで☆リキュア命だった彼女にお好みをきいてみたら、今は鬼滅なんだそうな・・・

大きくなったねぇ・・ おばちゃんはついていけません。

とりあえず、グッズを作って送りました。

かなり控えめだったかしら・・



家のストックから女子プリントも動員して・・

巣ごもり作業に励むとしますか・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

«明けましておめでとうございます!

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

Miniature Terrace

  • Cupcake
    ミニチュア・クラフトのアルバムです。