« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月29日 (月)

ロールケーキ

とある事情で満杯だった冷蔵庫にやっとスペースができました。

開き直りというか、ヤケというか、ロールケーキを焼きました。

Xmas_newyear0607_034 これまで、ガチガチだったり、パサパサだったりと失敗を繰り返し、買うものだ決めていましたが、 サラダオイルを使ったシフォンタイプのレシピを見たら焼いてみたくなりました。例の騒ぎの反動でしょうか、「まったく逆方向に行ってるけど、それでいいの?」という天の声がしないでもなかったのですが・・

いつも辛口の息子1、斜めに視線を落としています。

促されて冷ややかに一切れ・・

「どうよ、今日のはいけるでしょ!」  とたたみ掛ける母に、

「ほう・・」 いつものことながらつまらないヤツだ! でも2個目に手を出していたので、“良し”ということなのでしょう。

今度は、フルーツを巻いてみよっと! おいおい、先週までの志はどこに行ったの?

| | コメント (12)
|

2007年1月26日 (金)

やっぱりね・・

金曜日は生協の配達日です。 

愛想のいいお兄さん、今日はいつにも増してニコニコに見えるのは、気のせいか・・?

ドサーっと冷蔵ケースから出てきたブツを受け取って、聞いてみる。

「他のお宅もこのパターン?」

「あははは~ 身体に良いですからね。召し上がってください~♪」

あ~あ、テンション下がりますよ・・ Xmas_newyear0607_029 ストックを合わせたら3パックx6だからね・・・

思えば、注文票を出した1週間前は、ちょうど騒ぎの前で、スーパーの棚は空っぽか、定価の商品がポツポツ状態でした。 そこに、ノーマークだった、生協のカタログに88円を見つけたら、注文するしかないじゃない!

苦労なくして、成功なし・・わかっちゃいるけどヤメラレナイ、おぼれるものは藁をもつかみ、どうせダメもとなんだから、少しでも効果有なら儲けもの・・・それが、悲しいサガというもので・・

さあ、どうやって消費したものか。 パラパラとめくった雑誌から、餃子におしこんでみました。Xmas_newyear0607_031

豚挽きも混ぜてみましたが、焼いても中身が固まらないので、

全体に、ぐにゃ~とした出来上がりです。

さて、家族の反応は、「普通に食べたほうがいい」そうです。

では、そういたしましょう。 身体にいいんだから・・ 適量ならね^^;

| | コメント (12)
|

2007年1月24日 (水)

念願の・・

遅ればせながら、やっと行ってきました。

オープン当初の混雑を見て、ほとぼりが冷めてからと、いい加減冷め過ぎた感もありますが、 ブログでも地元でも話題だった(過去形^^;) IKEAXmas_newyear0607_027

広~~い!!  駐車場だってこんなに広いのに、これでも2時間待ちだったなんて! 一時は高速の出口がIKEA渋滞するくらい、土日の混雑はすごいものでした。  10時半ごろ到着しましたが、駐車場はガラガラでした。 なのに、中に入ると、結構人がいるじゃない。「きっと土日は身動き取れないね~」なんて、のんきなオバチャン道中(ゴメンネ・・tipoママ)です。

まずは、これぞ量販店というスケールにびっくり。 山盛りを通り越した一つずつの商品の量。 どっさり、たっぷり、でも、ゆったり、すっきり・・商品がシンプルなデザインのせいか、ゴチャゴチャ感はありません。 

ショールーム・フロアに行くと、インテリア・コーディネイトされたディスプレイが延々と並んでいます。 頭をよぎる、我が家の現実(私物が散乱するリビング、立錐の余地なしのキッチンの戸棚、シールだらけの子供部屋の机etc.)を必死に打ち消しつつ、それぞれのシーンを堪能してきました。

さんざん歩き回った後は、イケアレストランへ。 本場北欧のスモークサーモン、美味しかったです。 写真中央のお菓子はセムラというスウェーデンで復活祭前のこの時期に食べるお菓子だそうです。 期間限定という言葉に弱いので、お味見してきました。

さて、買い物の一部を・・

小ぶりのフライパン(¥350) キッチンクロス4枚セット(¥190) オーブンディッシュ2枚組み(¥490) 等など・・・

ディスプレイボックスはガラスも入っていて、ミニを飾るのにGoodです~♪

暖かくなる頃には、この手前に「ららぽーと」がオープンします。 また、ほとぼりが冷めるまで、静観するか、どうするか、うーん、思案のしどころです。

| | コメント (14)
|

2007年1月21日 (日)

寒い夜

冷えて来ましたね。

暖冬とはいえ、昨日は初雪もちらちらと・・

こういう夜はコタツでぬくぬく、といきたいところですが、我が家にはコタツがありません。

Xmas_newyear0607_022せめて、ミニで気分を味わうことに・・

で、ワンルームを模様替えしました。

ことこと煮込んだポトフで温まったら、腰をすえて、パンとチーズでゆっくりワインを。

ポトフの銅鍋は今や貴重となったフィルム・ケースで作りました。Xmas_newyear0607_021

おや、外は雨になったようですよ。 雪に変わるという予報です。 首都圏では積もることはないと言っていますが、これが曲者です。 我が家はれっきとした横浜市内ですが、いつも予報の5割増しくらいの覚悟でいないと、大変なことになります。 明日の早朝、横浜山間部はきっと真っ白に違いありません。 息子1を少し早めにたたき起こすとしましょうか・・・

 

| | コメント (10)
|

2007年1月18日 (木)

Egg Art

先日、息子2の親子レクリエーションなるものに行って、ドッジボールをやらされました。

「キャー、こわ~いぃ~」とか言えない性格なのです。 小4といえど、結構鋭い球を投げてくるガキンチョどもにやっぱり、少しばかりマジになって・・・ 翌日からあちこち痛みが・・

で、自分では何もやる気が起きないので、借り物ですが、母のEgg Art をUP します。

Autumn06_020明らかに血統だと思いますが、母ーmaamもいろいろなモノに手を出すタイプで、最近はこのエッグ・アートがブームのようです。

近くの商店街に趣味のお店ができて、そこの教室で習っています。 クリスマスのエッグ・ブーツは入門編の作品をまねしたものです。 母は百戦錬磨の大シロクマですから、どうも、先生にカットやら何やら、ほとんどやってもらっているらしい・・ 模様を切り抜くのは器械がないとできないですからね。 

Autumn06_021大きめのグースの卵を加工しています。蝶つがいをつけて扉が開くようになっているのですが、モールやらビーズやら、細かい作業・・・母ながら、あっぱれかと・・「たまには、私の作品も載せてよ。」のリクエストに応えました。

ともあれ、オヤツをたっぷり持って、楽しく通っているようです。

先生、お世話をおかけします・・^^;

| | コメント (8)
|

2007年1月15日 (月)

カステ~ラ

夫は長崎県人です。 

長崎のお土産というと、なんたって、かんたって、カステラなのです。

他にもいろいろ有名な銘菓・名産品はありますが、夫の一族はとにかくカステラ・・なのです。 それも福○屋のカステラでないと、ダメなのです。(他社関係の方、すみません)

Autumn06_126

冠婚葬祭のお返し、盆暮れ、お土産・・なんでもこの黄色い箱が登場します。 先日、長崎の親戚から、内祝いのカステラが送られてきました。 こちらでも、デパートなどで、お目にかかれますが、この辺の製品は東京の工場で生産されたもので、長崎人には、長崎で焼いたものこそ、真のカステラなのであります。

久しぶりの、黄色い箱、期待にたがわず、このしっとりして、まったりとした黄金のお菓子、材料はともかく、絶対に和菓子です。 

そして、譲れないのは底のザラメ。 これは、置いておくと、じっとりしてきて、ガリッと感がそこなわれるので、いただいたら、すぐに食するに限ります。 

若い人にはこちらもと、セットになってくるのが、チョコケーキ。Autumn06_002

上に、胡桃とレーズンが程よく散らしてあり、濃厚なチョコの香のケーキというよりは、やっぱり、和に傾いたお菓子に思えます。 ですが、生粋の長崎人には邪道らしく、前に叔父が送ってくれたのは、黄金のまったりのみでした。

息子1が小さかった頃はお正月は必ず帰省して、空港でこの黄金のまったりを持てるだけ持って帰ったものです。「福○屋さんは、県外に持ち出されるからと、空港の店に一番新しいものをそろえている」というのが義母の持論で、必ず、空港で買うように言われたものです。

今となっては、夫の両親はなくなって、帰省する家もありませんが、この黄金のまったり嫁である私にとっても、故郷につながる思い出の味なのかもしれません。

| | コメント (14)
|

2007年1月11日 (木)

ミニ・クロス

気分を変えて、単色ボーダーから脱してみました。Xmas06_063

3色だけではありますが、途中で糸をかえるのも楽しい~チロリアン・テープのように、ワン・ポイントに使おうと思います。

リネンの端で、ちょっといたずらを・・

一目一本取りで同じパターンを刺しましたが、いい気になって刺しすぎたので、ミニとは言えないサイズになってしまいました。 枠の直径が25mm、針にはホチキスの針を切って使っています。直径10mmのピンクッション、まち針の丸小ビーズの頭がちょっと大きかったな~

| | コメント (10)
|

2007年1月 9日 (火)

ボーダー&スタンプワーク

めでたく、小学校が始まりました。やっと、憩いの一時がやってきます~♪

今年最初の手作りです。Xmas06_054

先日、きっこさんが紹介していらしたスタンプワークのアクセサリー、NHKの『おしゃれ工房2006・7月』の作品です。 やってみたいなと思いつつ、テキストをしまい込んでいましたが、分厚い背中を押していただいて、完成しました。とても、きっこさんのように綺麗にできなくて、桜塚やっくん風だと、「がっかりだよっ!」なのですが、ぐっと引いたままの画像でお願いします。

スタンプワークはボタンホールステッチを編みあげていくような手法ですが、熊の鼻先がぽこっと盛り上がって、とても可愛くなるハズでした・・

現実は、輪郭はぼこぼこだし、目が粗くて毛並みの悪い野生の熊になってます。何よりネックは目鼻の刺繍です。 表情を作るなんて、おこがましい。 引きつった口元をあっちにこっちに引っ張られ、かわいそうな熊ちゃん・・・

気を取り直して、ボーダーを2本刺しました。 さて何に仕立てましょう。

| | コメント (8)
|

2007年1月 7日 (日)

書初め

今日は七草・・そろそろ、学校の影がチラホラ、いえ、かなりはっきり見えてきました~♪

息子1はすでに部活が始まっているので、ボンネットの青玉飾りがちぎれんばかりにすっ飛ばす駅への送りは始動していましたが、小学校が始まってくれないことには、安らぎの時間は戻ってきません。 しかしその前に、もう一つ越えねばならないハードルが・・

例によってこの頃の小学校は冬休みの宿題なんてものは、ほとんどありません。 唯一の課題が、『書初めの練習』です。 食卓を片付けて、新聞紙を敷き詰めて、息子2の首根っこを捕まえて、仁王立ちの母のもと、萎縮しきって、何とか、書き上げました。Xmas06_048

彼の名誉のため、一部分のみですが、『元気な子』がお題です。

元気も元気、あさっての方向にはねてます・・^^;

悪筆の血統は、仕方がないとして、 何なんだ! この恐ろしい書道セットは! てかてかと不気味に光る硯、とても置きたくないような迷彩模様になった文鎮・・もっとも許せないのは、頬紅用の化粧筆、はたまた、プードルの尻尾の先みたいに爆発した筆!

息子2に問いただしてみると、学校では、毎回水洗いしているそうな・・ ええっ、そうなの!?

水で洗っちゃいけないと習った覚えがありますが・・ 書き損じの半紙で拭き取って、毛先を整えておくだけで、使う時に墨で静かにしごいてなじませるものだと信じていましたが・・  そういえば息子1の筆も洗って爆発していたので、私が一喝してからは、洗わなくなったようですが・・ 

どうするのが正解なんでしょう? どなたか教えて下さい。

| | コメント (6)
|

2007年1月 2日 (火)

A Happy New Year!

New_year_073 あけまして おめでとう ございます。

本年もよろしく お願いいたします。

今年は元旦から穏やかなお正月のようですね。

元日は、主人このこだわりで、神田明神まで初詣に行ってきました。Newyear_071

鳥居をくぐると、境内は人であふれかえり、石畳上の列はちっとも動きません。息子2にいたっては、人と人に挟まれて、まわりの景色も見えないままの20分、文句たらたら・・受難の幕開けでした。 商売繁盛・家内安全を祈って、熊手を買ってきました。

New_year_072 新しい年を迎える室礼は、かまぼこ板に収まるお飾りで、ささやかに・・

ミニ鏡餅は三方から4.5x4.5x6cmの大きさです。 お餅はひび割れてこないので、鏡開きはありません~

前後しましたが、上のしめ縄飾りは、普通サイズのアレンジです。プリザーブドフラワーを使っているので、相変わらずもったいない主義のT-maam はドアではなく、玄関の中側に飾っています。

というわけで、今年も何でもありの手作りブログに、よろしくお付き合いくださいませ。m(_ _)m

| | コメント (16)
|

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »