« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月25日 (金)

Merry Christmas!

少し前までの、凍える空が嘘のような、穏やかなクリスマスです。

でも・・

毎年のことながら、聖夜の静寂を破るプリンターの音。

吐き出されるトラを朦朧としながら数えて、イブの夜は更けていきました・・

「クリスマスが過ぎて初めて、年賀状モードには入れるというものよ」と、

息巻いてみたものの、結局ジタバタ悪あがきしているのは、

年とともに増殖するふてぶてしさと見た目にそぐわぬ気の小ささが葛藤するせいなわけで・・

そんな中でも、ほっと一時クリスマス・キャロルに耳を傾ける余裕を持ちたいものですね。

P1040047_2 母がクレイの教室で習ってきた聖歌隊のキャンドルスタンド。

みんな気持ち良さそうに、大きな口をあけて、歌っています。

グローーーー♪ーーーーー♪ーーーーーリア♪

絶対これだと思うのは、私だけでしょうか・・xmas

| | コメント (6)
|

2009年12月21日 (月)

間に合いました

今年も残りわずかになってきました。

ボーっと暮らしていたら、来年のスケジュールを新調するのをすっかり忘れていました。

あわててシロクマご用達の100均に出かけていったら、どうもいつもと様子が違います。

あふれんばかりの陳列棚が、スカスカしています。 

残り少なくなったスケジュールを手にホッとしていると、「12月31日をもって閉店いたします」の張り紙! 

ショックです。 最寄りの駅では草分けの100均だったのに・・

ほかに中型店舗の100均が2件新しくなったので、競争は厳しかったのかも知れませんが・・

もともと再開発して大きなマンションになるという噂のあったところなので、いよいよ時期が来たのかもしれません。

下の階のスーパーで流れるクリスマス・ソングが、心なしか物悲しく聞こえました。

さて、家に戻って、これまでの中身のノートを取り変えようとしたら、若干サイズが違っている・・!?

仕方なく、カバーも新調しました。Dscf5031

バラをボーダーで、刺しましたが、何度刺しても、ところどころチョンボがあります・・sweat01

黒リネンのバッグとオソロで持ったら、ちょっとだけ、ニンマリです。

| | コメント (4)
|

2009年12月17日 (木)

黄色と紫

人間、長く生きていると、

これまでの意識にはかけらもなかったものに遭遇したりするものです。

とか、なんとか勿体ぶって、何に遭遇したかと申しますと・・

黄色と紫の野菜です。P1040031

右は、イエロー・カリフラワーで

左は、紫ブロッコリー (紫・・日本語だ・・!?)

味はどちらも、ノーマル・カラーの野菜と変わりません。

P1040037 イエローの方は、黄色というよりも、ふつうのカリフラワーにオレンジージュースを吸わせたような、ほんのり色がついた程度です。

切ってみると茎の中心にオレンジ色の部分が見られます。

茹でたり、蒸したりしても、色はちょっと薄くなる程度ですが、ピクルスにすると、とっても鮮やかな黄色になるんだそうです。 

さて紫の方はといいますと・・P1040034_2

お友達のブログで、紫カリフラワーをみたことがあったので、存在は知っていましたが、ブロッコリーとなると、店頭で初めてお目にかかりました。 

紫なのは、ちょうど花の部分(?)だけで、角度を変えてみると、まるで、遠目にみたラベンダー畑みたいです。

この時点で、微妙な空気が・・

で、恐る恐る茹でてみると・・

あ~ら不思議。 紫ブロッコリーは、ただのグリーンのブロッコリーに変わってしまいました。

水に溶けたアントシアニンによって、茄子を茹でたときと同じように、青く変わったお湯だけが“紫”の片鱗を残していました・・  

う~~む、なんだかもったいない・・・sweat02

もともと、これは自然界に存在した野菜なんでしょうか?

青いお湯をこぼしながら、ふとそんなことを考えてしまいました。

ちなみに、紫カリフラワーは、茹でても、蒸しても、紫のままなのだとか・・

| | コメント (8)
|

2009年12月14日 (月)

光りものリース

今年は、生ヒバのリースをあきらめました。

近所の造成地に茂っていたヒバの木、管理事務所のおじさんにOKをもらって、毎年リース分だけ、刈らせてもらっていました。

このところ、家が立つ兆しも見られず、当分生ヒバリースが飾れると高をくくっていたシロクマ・・

ついに、ガツンとやられました。

だいぶ大きくなったからか、枝打ちコストもばかにならないからでしょうか、すべて切り倒されていましたweepDscf5020_4

・・で、材料の変更を余儀なくされたわけで・・

今年は光りもので作りました。

ヒバのかわりは、結局100均のパーツ。

グリーン・パールと緑豆もやしのような葉っぱが、一見不思議な組み合わせです。

Dscf5010 昼間見るとこんなグリーンです。

ガジガジにワイヤーで止めてあるのが、見え見えです・・sweat02

| | コメント (6)
|

2009年12月10日 (木)

続・プチ・マフラー

前回のツチノコ・マフラー、只今増殖中です。

せっかくゲットしたレシピなので、しっかり活用することにして、

クリスマス・プレゼント用に、増産しています。

日頃の不義理が少し解消できるかな。

・・というよりは、またエビでタイを釣ろうという下心が見え見えだったりして・・sweat01

P1040022

このマフラー、98%くらい(ほとんど)鎖編みと、細編みです。 

なので、TVを見ながらでも、想定外の中断を余儀なくされても、ぜんぜんOKなのです。

・・で、あまり根を詰めなくても、2日あれば出来上がる、これぞ、根性無しのシロクマにぴったんこの手仕事!

糸を変えたら、また気分も変わり、サクサク進むのは良いのですが、そろそろ掃除も始めないとねぇ・・・think

| | コメント (6)
|

2009年12月 7日 (月)

プチ・マフラー

P1040018 出たなーっ、 ツチノコっ!

編んでいたら、そんな形になっていました。

花のモチーフの裏に端っこを通すと・・P1040015

こんな感じになります~note

襟元がスースーする季節ですから、お部屋の中でも、邪魔にならないので重宝します。

近くのショッピング・モールをぶらぶらしていて、手芸屋さんのディスプレーを眺めていたら、作りたくなっちゃって・・

食い入るように眺めてみましたが、やっぱり、編み図なしでは、シロクマの実力では難しいので、いつもより、良いお値段の毛糸をしぶしぶ買って、めでたく編み図をもらいました。

このお店の向かい側には、広ーいクラフトショップがあったんですが、広ーいスポーツ・ショップに変わっていました。 

あ~ここもか・・ 

寂しい年の瀬です・・

| | コメント (6)
|

2009年12月 4日 (金)

ポインセチア

いつのまにか商店街のBGMがnoteクリスマス・ソングになり・・

花屋さんの店先にポインセチアの鉢が並ぶと、一気に気分も盛り上がるというものです。

・・で、まんまとxmasクリスマス商戦に乗せられて、毎年、買いたくなっちゃうんです。

この頃は、ただ赤いものだけだなく、斑入りや、白やピンクや花(葉?)の大きさひとつでも、

いろいろな種類がでてきました。

なかなか選べな~~い! 

というわけで、一番小さい鉢(カップ)を3つ選んで、バスケットに詰め込んで飾っています。

P1040005

本当は、前回の「天使の涙」と一緒に寄せ植えにしようと思って買ったのですが・・

そのまま飾ることにになっちゃった・・よくあることですsweat01

そうそう・・

去年の鉢を、軒下にほったらかしていたことを思い出しました。

ほとんど葉っぱも落ちていたのですが、なんとか枯れずに踏ん張っていたんです。P1040013

この時期になって、てっぺんにポインセチアの片鱗が見えてきました。 とりあえず、液肥をやって、家の中に入れてみましたが、ここから、どうなるんだろう?

クリスマスまで、がんばって!

| | コメント (6)
|

2009年12月 1日 (火)

天使の涙

あーあ、ついに12月です。

今年もぶつぶつ言いながら、いろいろやり残して新しい年に突入することになるのは、明白ですが・・

やっぱり12月ですから、気持ちだけでもX’mas に!

そこで、ドアのリースからと重い腰を上げたのですが・・

ついに、近所で調達していたヒバの木が、1本残らず、伐採されてしまいました! weep

これまで年末の恒例行事だったヒバ刈り・・やむなく昨年をもって終了です。

なんとか別の材料を考えなくちゃ・・

勝手に刈らせてもらっていたのですから、文句を言えた筋合いでもありませんが、

はらりと頬をつたうものが・・・P1030997 sweat02

って、そういう年齢はとうに過ぎたわけで・・

もーっ、長い前置きでした。

・・で、こんな可愛い葉っぱの小さな鉢を買ってみました。

イタリア生まれのプランツらしいです。

さすがはイタリア人、ロマンチックなネーミングheart04

P1040002_2

さっそく、

ウサギとリスを連れてきて、玄関に飾っています。

真中のツリーが寂しげなのは、

なんたって“なみだ”だから!?

(くっ、苦しいsweat01

| | コメント (2)
|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »