« イタリアの旅 ミラノ&コモ湖編 | トップページ | イタリアの旅 おまけ編 »

2010年9月 4日 (土)

イタリアの旅 Buono buono編

とにかく、どこでも、何を食べても、大満足!!

要予約の高級リストランテでなくても、街角のどこに入っても、ハズレはほとんどありませんでした。 

いざ、お料理を前にすると、ついついデジカメよりもナイフ&フォークになってしまい、あまり画像が残っていないのが惜しまれます・・

まずは、パスタから~heart01

Dscf5564 Dscf5500

おなじみペスカトーレ。 これはトマト味ではなく、イカのワタも使ったちょっと変化球のお味でしたが、ワインにぴったり。 右はジェノベーゼ。 インゲンとポテトを合わせるのがほんまモンだとか・・ 

Dscf5501 海の幸のリゾットは2人分からのオーダーでしたが、4人でも十分というくらいのビッグサイズでした。

そのほか、赤ワインのリゾットと、小エビのクリーミー・カレー味のリゾットなどなど、北に上がるにつれて、美味しいリゾットにめぐりあえました。でも、カメラに収めるまえに、別のところにおさまって・・sweat02

薄いパリッとしたピザは大きくても、息子たちの強靭な胃袋に消えていき・・

Dscf5589 Dscf5590_2

日頃は絶対に食べないだろうゴルゴンゾーラも、日本では見たこともないであろうアーティチョークも、普通に味わい・・・

Dscf5578 どのガイドブックにも必ず出ている、フィレンツェ風T-ボーン・ステーキを食べてみたいというリクエストにより、「観光客しかオーダーしないよね」とも思いつつ、正真正銘観光客なんだしと、1kgのステーキをいただきました。1kgで3人前なのだそうです。

調理法は至ってシンプルな炭焼き。トスカーナ名産のキアナ牛はやわらかくて美味しかったですが、塩コショウのあっさり味なので、だんだん後のほうになると、ちょっとお醤油など、と思うのは日本人のサガというものでしょうか・・

他にもミラノ風カツレツやタリアータ、シーフードのグリルやイカの炭煮などなど、美味しいものは数々あれど、ワインでイイ気分になっていることも手伝って、写真に収まる暇もなく・・

もちろんドルチェも忘れる訳にはいきません。 

でもさすがのシロクマ家も、メインで満腹になり、別バラのはずのデザートまで到達できないこともしばしばでしたが、ミラノで最後に食べたドルチェはあまりにもおしゃれだったので、思わず写真に残してきました。

Dscf5730 「桃とリンゴのタルト、ホワイトチョコレート・アイス添え」みたいな名前だったと思うのですが・・

タルトというので、サクットしたパイを想像していましたが、桃を入れて焼いたサブレのようなケーキでした。

お料理もおしゃれで、「さすがミラノ」といいたくなるような演出でした。 そもそも、ロケーションが最高で、ライトアップされたドゥオーモの屋根を真横に眺めながら食事ができるという贅沢さです。

それでも、デパートの最上階フード・コート内のレストランなので、気軽に入れるところも気に入りました。

歩き疲れて、元気がなくなってくると、エネルギーを充電するのは、もっぱら、ジェラート!

カラッと乾燥した暑さの中、大人にも子供にも、まさに元気のもとです。

Dscf5422_2 Dscf5711_2あっさりフルーツ系とこってりクリーム系、組み合わせで、いろいろ味わえます。

フルーツ系では、リモーネ(レモン)とペスカ(桃)にはまりました。 こってり系では、ピスタチオやティラミス、サヴァイオーネなどなど、こってりだけど、あっさりとして、甘ったるさが残らない、これぞイタリアン・ジェラートの魅力だわ・・とか、なんとか、わかったような、わからないような・・とにかく、溶けだしたジェラートが流れおちないように、せっせと、周りから攻めるべし!なのです。

イチゴ・パフェは、コモ湖で2時間、干ぼし状態になってよれよれの息子2がエネルギー補給したパフェです。 すでに崩落していますが、盛り盛りのパンナ(生クリーム)には、まったく甘みがないので、息子的にはちょっと想定外だったみたいです。 

いや~~食べた、食べた! 本当にイタリアは Buono buono!! でした。

もうちょっとだけ、次回、オマケ編につづきます。

|
|

« イタリアの旅 ミラノ&コモ湖編 | トップページ | イタリアの旅 おまけ編 »

コメント

ボン・ボヤージュさん:
伝統的なすごいボリュームのところと、今風の量もデコもオサレなところと、レストランによっていろいろでした。
ここのは、特にオッサレ~でした。
南の方は、レモンが名産みたいね。 
ものすごくきついレモンのリキュールとか、レモン風味のオリーブオイルとか、お土産屋さんの店先はレモン一色だったわ。

投稿: ボン・ボヤージュさんへ:T-maam | 2010年9月 8日 (水) 22時16分

どれも美味しそうで生唾ゴックンです。
ジェラードもおいしそう。
こんなオサレなドルチェもあるんですね。
むか~し猛暑のナポリポンペイで食べたレモンのシャーベットが美味しかったのを思い出しました。
母がアマルフィに行ったときのおみやげもレモンのものばかりだったような。。名産なのね。

投稿: ボン・ボヤージュ | 2010年9月 8日 (水) 17時44分

KLASSEさん:
パリッと薄いピザ、本当に美味しかったです。
バリエーションもいろいろだから、飽きることもなく・・
チーズが美味しいのかな。
そうなの! スーパーで、超庶民的お値段のチーズを見て、すごーく悩んだんです。 パルミジャーノなら、大丈夫だろうと思ったのですが、 成田から家までの猛暑を考えて、泣く泣くやめました。 空港の真空パックのは、日本なみのお値段だったし・・あ~やっぱり、買ってくるんだった・・・crying

投稿: KLASSEさんへ:T-maam | 2010年9月 6日 (月) 22時42分

おいしそうだし、目新しいし、つい写真より先に手が出ちゃいますよねbleah
ピザ、おいしそう~~~!
イタリアって、日本ではとんでもなく高いパルミジャーノが超庶民価格で売ってるんですよね。
たま~~~にトン様が出張に行くと、それだけは忘れないで~~~と頼んでいますcatface

イチゴパフェ、崩落してるの??
これでも相当な大きさよ!!

お腹すいてきました~~~coldsweats01

投稿: KLASSE | 2010年9月 6日 (月) 15時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イタリアの旅 ミラノ&コモ湖編 | トップページ | イタリアの旅 おまけ編 »