« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月24日 (木)

ほ~ほけきょっ

そろそろ、冬眠から覚めようかな・・

春の気温だそうです。

春の雨なんですが、ほんのり陽気に誘われて、うぐいすらしきものを刺しました。

002いくらなんでも、気が早い!?

それに、本物のうぐいすは、

花札の梅の枝にとまっているようなきれいな鶯色ではないんだぞ! 

ええー、だから、

らしきもの・・なわけで・・sweat02

007 調子にのって、テントウムシも。

前回のリベンジで、

マカロンに仕立てました。

今度はファスナー位置を変えたので、キーホルダーにしても、逆さづりにはなりません。

めでたし、めでたし。

003 ひな祭りに飾ろうと、

引っ張り出してきたパンフラワーの桃と菜の花と記念撮影しました。 

(毎年登場してるがな!)

もう10年以上前に作ったものですが、色褪せることなく、はらはら散ることもなく、う~む、ずぼらなシロクマ向きですわ!

本物の菜の花はもう少し先でしょうか・・

ステッチ参考: 『クロスステッチ A to Z』 青木和子著

| | コメント (8)
|

2011年2月18日 (金)

マカロン・コインケース

小っちゃいもの、作りました。

お友達のKLASSEさんが紹介していらしたマカロン型のミニミニ・ポーチがとっても可愛いくて、作りたくなりました。

008 ふた側は、くるみぼたんを思い出して、ワンポイントの刺繍にしました。 

500円玉がちょうどよい大きさです。

お出かけ先で、食後に飲む薬を入れたり、はずしたリングを入れたりするのにぴったりです。

大量に処方された薬や、カラット数が桁違いの大きい石付きリングはちょと無理ですけど・・

10cmのファスナーをぐるりとつけていますが、 なかなか、かっこのいいマカロンにならないわぁ・・

膨らみ加減がバラバラです。 

その上、決定的な欠点が発覚・・sweat02

悩んだ末に、ファスナーの端を天地のある図案は地面側に置いたので、ストラップ用に金具をつけて、つり下げようとすると、猫もハリネズミも王冠もみんな逆立ちしちゃうのです・・

ショック! 悩んだ末っていうのが、救いようのないとろこです・・

| | コメント (10)
|

2011年2月14日 (月)

雨のバレンタイン

冬のカラカラ天気からやっと抜け出したようです。

我が家の男性には、追い打ちをかけるかのような

冷たい雨のバレンタイン・デーになりました。

夕方からは、さらに大きな牡丹雪に変わっています。

仕方ないので、年に一度のガトー・ショコラを焼いて、ガツガツ食べたら、本日の行事も終了。

冬至とか、節分じゃないんだけどねぇ・・004

ちょっとさみしいので、カプチーノでも・・

ハートを描いて遊んでみました。

みるみる泡が消えていく~~

プロの細かい絵ってどうやって描くのでしょう!?

さて、寒い週末、冬眠よろしく、家に引きこもって、チクチクしていました。

お正月から刺し始めたサンプラー、2枚でやめようと思っていたのですが、ついつい並べて飾りたくなって・・ 今度は“M”を刺し始めました。002

またしても、何かにこじつけようとしても、どうにもならない文字です。

調子に乗って刺し始めたのは良いのですが、いきなり数え間違った!(涙)

きっちりフレームまでデザインされた図案なのに、絶対どこかにしわ寄せが来る・・

わかっていても、ほどく気のないシロクマ・・

年々、自分に甘くなります・・おほほほっ

参考: le idee di SUSANNA 7-8 2010

| | コメント (4)
|

2011年2月 8日 (火)

KARA~~ィ!

004 チキンカレーです。 

からっ! 唇が痛くなるほどです。

浮いてきたオイルが真っ赤だもの・・!

味見の時点で、猛烈にむせて、肺が破裂するかと思うくらい咳込む次第・・

鍋を洗っていても、むせました。

003簡単で 本格的なカレーだと、友達に教わって、買ってみましたが、 

どうやら MILD と HOTを 取り違えたようで・・

深い辛みでおいしいんですが、ちょっと想定外。 

甘くみてました。

キムチも平気になった息子2に、恐る恐る出してみると、火を噴きながら食べていました。 大きくなったものだのぉ・・

韓国の唐辛子味とカレーのスパイスの辛さには、反応する回路が違うみたいです。 タイカレーもたまに食べたくなりますが、それよりはるかに辛かった・・

でも、この寒いときに、汗が噴出して、一瞬にして温まれました。 これは暑い季節には我が家には向かないかも・・!?

翌日は、少しマイルドになっていました。  

フランスパンにのせて食べましたが、その方が、スプーンをペロッとしないので、唇がひりひりにならずに済みます。 

本場インドでは、手を使って食べる意味がわかったような・・・

さて、話題は変わって・・

タイトルにちょっこし借りてきた今話題のKARA、 あまいメロディーの意味だとか・・

’からい’になんの脈絡もありません。 当たり前かsweat02

| | コメント (4)
|

2011年2月 3日 (木)

節分の福茶

明日の立春を前に、ずいぶん日が長くなってきました。

買い物から帰ってくると、日暮れ前の空が、何やらざわついています。

殺気すら感じて、ふと空を見上げたら・・

ひや~~っ、いるいる! 002_2

森のねぐらへ帰る前に、一休みしているムクドリです。

003_2 (カラスだったら、恐怖ですsweat01

三々五々やってきて、ほぼ等間隔に並びます。

それからは、チチチチ、ピピピピ、さかんにおしゃべり(?)しています。

ねぐらの森は目と鼻の先なんだから、とっとと帰ればいいのに・・

そんなオバサンの疑問を知ってか知らずか、一瞬のうちに飛び立って、きれいさっぱりいなくなりました。

本当に一休みなんでしょうか・・ ムクドリに聞いてみたいです。

さて、本題は節分でした。

小さいころは、喜んで豆まきをして、嬉々として母の分まで、豆を数えていた息子2も、豆まきに興味も示さない年になりました。

豆も「いらな~い」とかなんとか・・

かくいうシロクマも、山盛りになっている年の数の豆に一瞬引いているわけで・・

「そういう方には福茶をお勧め」とラジオからありがたい情報が!

007福茶は、本来はお正月に邪気を祓うためにいただくお茶なのだそうです。 福豆を加えたのが、節分の福茶・・

福豆3粒(豆マメしく働く)、

塩こぶ(よろこぶ)、

梅干し(松竹梅の梅)にぐらぐらのお湯を注いでいただきます。

なんだか、懐かしい味がしました。

いろいろな習慣があるものです。

そういえば恵方巻きも、関西の友達に聞いてはいましたが、こんなにメジャーになるなんて、思いもしませんでした。 高齢化とともに、年の数の福豆に代わって、福茶もだんだん浸透してくるかもしれませんね。 

| | コメント (4)
|

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »