« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月24日 (木)

買い物

近所の小さいスーパーの棚に、だいぶ商品が戻ってきました。

普通に晩のおかずを考えて買い物ができることを、心からありがたいと思います。

先週までは、停電終了をめがけて行って、今日は牛乳が買えた、今日は食パンが買えた・・

そんな感じでした。 10日ぶりのトースト、98円の食パンなんだけれど、こんなにおいしいと思ったことはありませんでした。 

ここいらは、停電するので、大型スーパーは、毎日営業時間が異なり、お昼から休業して夕方再開、なんていうパターンもあります。

その点、商店街の昔からの個人商店の方が融通がきくのか、真っ暗な店先で、手計算でずっと営業を続けてくれています。 

これまで車をとめられるスーパーがメインになってしまい、商店街で買い物をすることも珍しくなっていたのですが、ガソリン難民になって、歩き回って久しぶりに寄った和菓子屋さんのお団子、ホッとする味でした・・

心配事は次から次へと、湧き上がってきますが、

普通に暮らせることに、贅沢は言えません。

そんなときに九州の友達が、元気の素を送ってくれました。

003 熊本の塩とま。

本名はファン・ゴッホ、オランダの香りがする!?

下手なイチゴよりずっと甘いです。

一つ一つ丹精を込められた愛情が伝わってきます。

一気に元気になりました! アリガトconfident

| | コメント (8)
|

2011年3月20日 (日)

停電

休日は停電がないので、ほっとしましす。

昼間の3時間は何でもないのですが、夜の時間帯は、教訓もいろいろ・・

簡単に調理済みの鍋をドカンと食卓においてつつこうとしたら、

「ろうそくの灯りじゃ、何がどこにあるかわからない」とブーイング。

そりゃそうだね。 まさしく闇鍋ってわけですから・・^^

○KEAで買った大きなキャンドル、ここぞとばかり、得意げに火をつけましたが、芯の周りだけが燃えていき、どんどんドーナツ状の壁が燃え残っていきます。

そうすると、酸素が供給されなくて、炎がどんどん小さくなっていき・・

その上コーヒーブラウンのキャンドルなので、中側でささやかに燃えていても、周りを照らすに足るだけの光が漏れてこないのです。

苦肉の策で、周りの壁に切り込みを入れて、実用本位の改良が加えられ、昼間はインテリアとしての価値はまったくなくなりました。 

実用的には、 倒れないような注意がもちろん必要ですが、仏壇のろうそくが一番。

子供の頃、台風の晩に停電して、風の音におびえながら、ろうそくを見つめていたのを思い出します。

大人になってからは、ほとんどなかったなぁ・・

停電の夜って、暗いのはもちろんですが、しーんと静まり返っているので、音もとおる気がします。

上空を飛ぶヘリの音が遠くから近づいてきてまた遠くなって・・

それに、真っ暗というわけでもなくて、月明かりのおかげで辺りの様子もわかります。

こぼれんばかりとはいかないけれど、星もきれいです。

この星空が原発の上でも、被災地の上でも、希望の星でありますようにと祈るばかりです。

| | コメント (4)
|

2011年3月13日 (日)

地震

恐怖の一夜から、時間がたつにつれ、地震のすさまじさが明らかになってきました。

画面に映し出される被災地は、あまりにもむごすぎて、言葉がありません。

心からお見舞い申し上げます。

我が家は、奇跡的に家族全員が家にいて、帰宅難民の不安を免れました。

中学生の息子2は登校していたら、間違いなく帰ってこれなかったと思います。

部活で登校していた友達は、一晩学校に泊まったそうです。 学校にいる時ならまだ安心ですが、途中駅で放り出されたらと想像すると、シュミレーションの必要を痛感しました。

家の周りは、長い停電こそありましたが、被害はありませんでした。

電話はもちろん、携帯もつながらなくて、都内の実家と連絡がとれたのが、夜中になってからでした。 それも、九州の親戚を介して、安否を確認するという、不思議な状況!?

九州からの方が、先につながるなんて、回線がすいていたのでしょうか・・

日ごろ、あって当然のもののありがたさが身にしみました。

| | コメント (8)
|

2011年3月 9日 (水)

ティッシュ・ポーチ

009 3月の雪、天気予報の解説によると、結構降るそうです。

朝の雨に、大きな白いものが混じってきたなと思ったら、あっという間に、一面真っ白になりました。 

でもね、これ家の周りだけなんです。 

駅へ向かって、山を下るにつれ、路上の雪は影も形もなくなるのです。 車を出すのも、問題は家の前を突破できるかどうかだけ・・

坂の途中の信号を境に、気候が変わるのだと、シロクマは固く信じているわけで・・

今回は昼前であがったので、ほっと一安心。

まだ、桜の季節までに、もう一降りありそうな気もします。

やっと息子の期末テストから、解放されて、さっそくミシンをかけました。002_2

うさぎとりすのステッチを、ティッシュ・ポーチにしました。

ちょうどポケット・ティッシュのサイズです。

今はまさに、花粉シーズン真っただ中。

目薬・点鼻薬・花粉ガードの○○スタル・ヴェールなど、花粉グッズ一式には、もれなくティッシュも忘れずに!

でも、強風吹き荒れる屋外には、外出しないに限るんですけどねぇ・・

| | コメント (4)
|

2011年3月 3日 (木)

うさぎとリスとチーズケーキ

息子2の期末テスト週間に入りました。

妙に休憩が多かったり、静かだと思うとスースー寝ていたりするので、

目を光らせていないとならないのです。

あ~イライラする~~

こういうときは、布目を数えながら幾何学的に進めていく図案は刺せません。

で、一目二目間違っても、一回り大きくしちゃえとか、辻褄合わせが可能で、かつすぐにできるものに限ります。

003_2

青木和子さんの『クロスステッチ A to Z』から、ウサギとリスを刺しました。

リスのしっぽは、クロスの地にストレートステッチを乗せているのですが、

もさもさ加減が、ワイルドなリスになってしまいました。

小さなポーチにしようと思います。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

最近よく目にするTVCM。

クリームチーズのCMです。

Philly's kitchen を覗いてみたら、美味しそうなレシピがたーくさん。

中でも一番お手軽タイプを試してみました。

002_2 「フィラデルフィア・クリームケーキ」というレシピなのですが、クリームチーズを一箱分でごまかしたので、リッチなベイクドタイプが、中途半端なスフレタイプになってますsweat01 

あっさりして、まぁまぁです。

プリントアウトしたレシピと見比べて、「ぜーんぜん違うけど」と???の息子2。 

違うところに、その注意力を向けよpunch

   

 

| | コメント (6)
|

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »