« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月27日 (金)

トルコのお菓子

どんよりした空だなぁと思っていたら、梅雨入りしてしまいました・・

観測史上2番目の早さなんだとか・・

早く始まったら、早く終わるっていうものでもないらしいし・・

早く終わって、暑い夏が長くなるのも困るし・・

なんだかなぁ・・ どうも、気持ちがdown下がります。

息子2の中間テスト期間でもあり、

睨みをきかせていないとなので、

遊び歩くのも憚られ・・

かと言って、チクチクが進む兆しもなく・・

そんなこんなで、久しぶりの話題は、食べ物です。

トルコのお土産をいただきました。

P1050753 P1050754

LOKUM (ロクム) というSweetsです。

う~~む、どう言ったらいいでしょう・・ 

和菓子にもこういう食感のものがあるのですが・・

牛皮のような生地にピスタチオや、ヘーゼルナッツが入っています。

材料はシンプルで、コーンスターチ、砂糖、クレーム・オブ・タータにナッツ各種だけです。

ナッツ以外にも、フルーツやローズウォーターを使ったものもあるそうです。

ちょっと硬くなったくるみもちみたいな感じかな。

いかにも歯にくっつきそうですが、水あめが入っているタイプではないので、

しっかりした食感です。

程よい甘さで、好きなタイプです。

どろっとした濃いコーヒーのお供なのでしょう。

Harem's Delight   Sultan's Selection

すごいネーミングです。

トプカプ宮殿の豪華絢爛さと、怪しく、けだるさに包まれたハーレムの時代に少しばかり思いをはせて、行ってみたくなりました。

| | コメント (2)
|

2011年5月18日 (水)

フェルメールの地理学者

『フェルメール≪地理学者≫とオランダ・フランドル絵画展』

門外不出の名作が初めて海を渡ってやってきたということで、

渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムまで出かけてきました。

今週末までなので、すごい人です。

佐々木蔵之介さんがナビゲーターの、音声ガイドもかりまして・・heart01

いざギャラリーへと進みます。

レンブラントやブリューゲルのオランダ・フランドルの重厚な肖像画や風景が並びます。

展覧会のタイトルをちゃんと理解していなかったシロクマ。

そうか! フェルメールの作品は『地理学者』の1点のみなのね。

またしてもミーハー加減を露呈してしまいました。

P1050743

『地理学者』は想像していたよりも、小さい作品でしたが、窓から差し込む柔らかい光が印象的な絵でした。

部屋の中は、コンパスや地球儀、世界地図、学者が羽織る日本の袢纏様の綿入れなど、当時の航海時代のオランダの栄華を物語るアイテムで埋め尽くされています。

細部の小道具もよくよく見ると、その時代を映す重要な指標なのですね。

音声ガイドの心地よい解説のおかげで、350年ほど前のオランダの世界に思いをはせながら、ほんのひと時ではありましたが、ゆったりとした時の流れを感じることができました。

そして、今日のお土産は・・・

P1050745 P1050748

ミュージアムショップに並んでいた、『フェルメール』と名前の付いたパン。

フェルメールの作品『牛乳を注ぐ女』の中に描かれてるパンを再現したらしいのです・・

直径15cmのライ・ブレッドですが、オレンジピールが入って、ほんのり甘いです。 

かなりスパイスも効いています。 

普通に美味しいパンですもの、当時のパンとはだいぶ違うでしょうね。

おおっ、ちょっと待ったぁ!!

ラベルの『Neues』・・シロクマ宅から、さほど遠くないお店じゃない!

フェルメールの世界は、意外に近いところにあったのかも・・

| | コメント (6)
|

2011年5月13日 (金)

双子のトート

P1050741P1050737  同じ刺繍でも、色が変わるとイメージが、変わります。

先日の黒いトートの図案を紫で刺して、同じ形のトートバッグに仕立てました。

題して・・『双子のバッグ』

題してって、改まる必要は何もなかったわけで・・

サイズは30x31cmと袋部分はほとんど正方形です。

刺繍部分は例によって、イタリアン・サンプラーから。

P1050740_2

反対側には、ワンポイントを。

マカロン・コインケースにチェーンをつけて吊り下げました。

姉のクロ子は、旅に出る予定です。

でも、マカロンがなかなかできなくて・・・sweat01

もーぅっ、早くぅ!

ステッチ参考: Le idee di SUSANNA     7-8 2010

| | コメント (10)
|

2011年5月 7日 (土)

草津

草津良いとこ~、一度は~、おいで~♪Dscf6305

GWの草津、すごい混雑でした。

コバルトブルーの泉・・

源泉が湧き出す、湯畑です。

トレヴィではないので、コインを投げてはいけません!?

ここをぐるりと囲んで、昔からの大御所旅館が建ち並んでいます。 

少し前のニュースで、女将さんたちが、激減した予約を回復するため銀座で温泉まんじゅうを配っていたのを見ましたが、

それが功を奏したのか、どこもお客さんがあふれていました。 

よかったね~

きっと予想外の人出だったのでしょう。 ちょっと文句を言いたくなるところも・・・

でも、GWの観光地はにぎわっていないとね。

山の季節はちょうど一月遅れです。

浅間山の山肌にはところどころに残雪がDscf6310 ・・

日差しがないと、ちょっと寒いです。

Dscf6289

木々の緑も、芽吹き始めたばかりの、柔らかい黄緑色です。

早春の花が一斉に咲いていました。

湖に張り出したレンギョウがきれいでした。

Dscf6276

桜もちょうど満開です。

関東では、桜といえばソメイヨシノですが、山ではたくさんの種類の桜が一斉に咲き競っているようでした。

Dscf6280

一山超えて 軽井沢にくると、やっぱりこちらもすごい人です。 

お盆のピークよりは、普通に歩けたかな・・

旧軽の銀座通りのつきあたりの橋をこんなバスが走っていました。

木々のまだ浅い緑の中で、妙に目立っていました。

ヘロヘロになるまで(?)温泉につかって、新緑の林の中でフィトンチットを満喫した旅でした。 体に良いんだか、悪いんだか・・sweat01

 

| | コメント (8)
|

2011年5月 1日 (日)

トートバッグ

GWが始まりました。

ずーっとお出かけ日和が続くことはなくて、1日や2日は雨も降るのが常ですが・・

昨日もイマイチでしたが、今日は大風の後雨になりました。

雨にあたって、我が家のささやかな新緑がきれいです。

このところ、毎日強い風が吹き荒れています。 強風のおかげで、家がきしむ音がして、そのたびに地震かなと身構えてしまいます。

実際、余震もあるのですが、ここいらでびくびくしていては罰が当たりますね。

でも早くおさまってほしいと心から思います・・・

さて、手作りの方は・・

黒いリネンでいつものトートをつくりました。P1050718

唐草風の刺繍は、イタリアンのサンプラーから、抜き出しました。

P1050719 後ろ側はウサギのタッグを。

さぁ、ノルマを仕上げたので、夜はゆっくりスケート鑑賞です。

試合のようにハラハラ・ドキドキはないけれど、エキシビションは安心して楽しめるので、やっぱり見ちゃいます♪

でも、8時9時・・重なるのよねぇ・・・ 悩むところです。

| | コメント (0)
|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »