« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

2012年4月27日 (金)

塩麹エスニック編

奥の深い塩麹、随分流通しているメーカーも増えてきたようで、スーパーごとに、品数が増えています。

そろそろ自分で作ってみようかと思い出しましたが、ドライの麹が品薄で・・

って、できるまで待てないタイプなので、結局いろいろな既製品を買ってきては、塩麹レシピを楽しんでいます~♪

カレー味が珍しいので、作ってみました。

塩麹とカレー粉を混ぜたものを鶏の胸肉に塗って、半日おいてから、形を整え、ラップに2重に巻いて、ゆでて、さまして出来上がりのカレー巻。

P1060317
ぱさぱさにならないのがいいですね。 カレーと塩麹、不思議な組み合わせですが、結構いけます。

塩麹の真価が生かされていると思うのが、塩麹で作る鶏そぼろです。

お醤油色がないのが、心細い感じですが、しっかり味がついていて鶏ひき肉でも、ぼそぼそにならず、ジューシーに出来上がります。

P1060327_2春巻きの皮に巻いて、生春巻き風にたべてみました。

甘酸っぱいスイート・チリソースもどきも、塩麹と酢・はちみつ・ごま油・唐辛子でそれらしきソースになりました。

塩麹のおかげでマンネリの食卓に少し光がさす、今日この頃です・・・



| | コメント (4)
|

2012年4月23日 (月)

マウスマンション

シロクマのミニチュア好きを知った先輩が、素敵な絵本を紹介して下さいました。

P1060271

ネズミのユリアとサムはネズミの家族がたくさん暮らしている大きなマンションに住んでいます。 

そのマンションのそれぞれの部屋の住人(住ネズ)たちとの、日々の出来事が絵本になっています。 

オランダで驚異的な人気を博したその秘密は、マウスマンション自体が、高さ3メートルの巨大ドールハウスだというところにあります。

著者のカリーナ・スカープマンさんは3年かけて、高さ3メートルにもなるドールハウスを身近な材料や、廃材で、コツコツ作り上げました。 部屋数は、なんと100を超えるそうですよ。

その一部屋、一部屋が、絵本の舞台になっているのですが・・

それぞれの住ネズの日常の一場面が切り取られています。

身近な材料を使うコンセプトは、通じるものがありまして・・ 

ユリアとサムのお話も可愛いのですが、撮影されたシーンの一部屋一部屋を楽しんでみています。

久しぶりに、ミニチュアを飾りたくなって、ユリアとサムが、やってきそうなキッチンを思い浮かべながら、テーブルをかざりました。

P1060324_4

食べ物はあまり出てこないので、ネズミといえばチーズと相場が決まっている・・

とはかぎらないか!

『マウスマンション サムとユリア』 カリーナ・スカープマン著 (メディアファクトリー)



| | コメント (4)
|

2012年4月20日 (金)

アネモネ

Dscf7358_2

「風の花」という意味だそうです。 

早春の風が吹くころに咲く花だからとか・・、種が風に乗って運ばれるからとか・・諸説あるようですが、

もともと自生していたパレスチナから十字軍が持ち帰り、イギリスやオランダで盛んに栽培されるようになったとか・・

この華やかさゆえに、中世の人々を魅了したのでしょうか。

でも、美しい物には毒がある・・らしいです。

茎を切った時に出てくる液でかぶれることもあるそうですよ。


お友達のブログで素敵なアレンジをみてから、ステッチしたいなぁと思いつつ・・

早春の風はとうにどこかへ吹き去ってしまいました。 露地ではこれからが花の季節なのかな・・ セーフということにしてください。

P1060299

いつものティッシュ・ポーチ・サイズに小さなアネモネをさしました。

Dscf7366
参考: 『大塚あや子の花刺繍』 大塚あや子著

| | コメント (8)
|

2012年4月15日 (日)

Made in occupied Japan

“OCCUPIED”  といえば、飛行機内のトイレ使用中表示が一番に思い浮かびます。

「占領する」・・一応、○○年前の学生時代には、まずは、そう暗記したような・・

“Made in occupied Japan” =占領下の日本製・・そんな使い方は、英語の教科書にはなかったように思います。 

そして、製品にそう表示する時代があったというのも、ぴんと来ない世代であるわけで・・

お友達のKLASSEさんブログで、おじい様のお宝カメラを見せていただいて、

我が家にも Made in occupide Japanがあることを思い出しました。

我が家のそれは、亡くなった祖母のお裁縫箱から17年前にもらってきたピンキングバサミです。

P1060308

この頃出番が少なくなりましたが、息子達の幼稚園バザーでは、ずいぶん活躍してもらいました。

確かに今のピンキングよりは、多少ごつい感じですが、そんなに重いわけでもなく、切るときに力がいるということもありません。

P1060313


GHQ統治下の時代、輸出向けに製造された製品に表示が義務づけられていたとか。

1947~1952年の5年間限定のもののようです。

陶磁器や玩具、カメラなど、マニアの中ではお宝になっているものもあるそうですが・・

ピンキングっていうのは、ネットでもHitしませんでした・・

おばあちゃん、輸出仕様のピンキング、どうやってGETしたの・・?

P1060312_3

母によると、祖母は、母たち3姉妹に、毛布でオーバーを縫って着せてくれたそうです。

その時に、これで、ザクザク毛布を裁ったのでしょうか・・?

製造後、既に60年以上経過していると思われますが、なんの手入れもしないまま、今でも、そこそこ使えますから、当時は、さぞやざっくり鋭い切れ味だったことでしょう。

P1060311
4月からの朝ドラに描かれる戦後の焼け跡をみると、それから数年で輸出できるものを製造できるまでに復興した日本人の底力に感服ぜずにはおられません。

いろいろなことがあった現代、またそんな底力が試されているのかもしれませんね。

祖母にとって、私・シロクマは初孫だったので、 随分可愛がってもらいました。 

ひ孫の息子1を抱いてもらうことができたのが、唯一のおばあちゃん孝行だったかな・・

久しぶりに、おばあちゃんのピンキングを磨いて、油をさしておこうと思います。

| | コメント (8)
|

2012年4月12日 (木)

花ちらし・・

Dscf7376今年は、ゆっくり咲いた桜を堪能できました。

遠くにお花見に出かけたわけではありませんが、近所の桜をあちこちチェック。

普段気に留めない森の景色の中に、この季節になると、こつ然と桜が咲いていて、「こんなところにも桜の木があったのか」と気づかされたりします。

←3日前

昨夜は3度目の春の嵐の予報で、もう今年の桜は終わりだとあきらめていましたが、

低気圧に前回ほどの威力がなかったようで、花ちらしとまではいかず、今日も見事な桜でした。

満開の華やかさにも感動しますが、散りはじめた桜にあはれを感じ・・・あ~日本人だな~~とつくづく思うのでした。

近所のお寺の境内で、はらはら散る花びらを浴びてきました。2012041211440000

暖かくて汗ばむような1日でした。 花びらだけでなく、花粉もたっぷり浴びたようで、目はかゆいし、鼻も詰まって、「あはれなり」・・です(!?)

さて桜つながりで・・

やっぱり、食いしん坊のシロクマとしては、・・

桜エビも季節です~♪

釜揚げ桜エビをめずらしく、近所のスーパーでみつけました。

かき揚げが食べたかったのですが、かき揚げ、ド下手なので、 パスタになりました・・

桜エビと菜の花のペンネ・・

食卓にも桜の1日でした。

Dscf7375_3

| | コメント (2)
|

2012年4月 7日 (土)

鯛と桜

ここ数日、新入生らしき親子連れをたくさんみかけました。

ピッカピカのランドセル・・と思ったら、どうやら入学式当日は手ぶらで良いらしく・・

うれしくて飛び跳ねている小学1年生を先頭に、おじいちゃん、おばあちゃんも家族そろっての行進あり・・

友達同士のように、お母さんと楽しそうに話しながら歩く、制服の着こなしもかわいい、中学生あり・・

慣れないネクタイを直しながら、照れくさそうに、背を追い越したお母さんから、少し離れて歩く高校生あり・・

み~んな新しい学校生活のスタートですね。 おめでとう!

今年の桜は、遅れていたので心配でしたが、我が家の周りは満開とはいきませんでしが、

ちょうど見ごろになって、新しい門出に花を添えています。

かくいう、我が家の息子2も、晴れて高校1年生になりました。

内部進学なので、普通に登校し、母もあとから別に登校して、普通に式に出席してきたという、冷めた入学式でしたが・・

ちっとも、高校生の自覚もないし、頼りない息子2です。

3年後の成長を期待しつつ、親としては充実した高校生活を送ってくれることを願うばかりです。

というわけで、ささやかに、おめでタイ!?

Dscf7353
鯛焼きのフォルム(?)も昔と変わった気がします。

こいのぼり風にしっぽまでまっすぐだった気がしますが、この頃はしっぽがぴんと上を向いて、威勢が良い感じです。

 

満開には少し早いので、桜茶と桜シフォンで、お花見気分を盛り上げたいと思います。

Dscf7344_2

Dscf7346_3

実はすでに、まだ開花1-2輪というときに、「屋内型お花見の会」があったのですが、大嵐の中、桜は二の次で、盛り上がってきたので、今度は純粋に桜の花を愛でに、出かけたいと思います。

| | コメント (10)
|

2012年4月 3日 (火)

春休み・・

P1060301_3


今年はだいぶ遅れて、満開になったクリスマスローズ、先月末の春の嵐で、どうにかなってしまうかと、心配していましたが、しっかり根をおろして、さみしい庭で頑張ってくれています。

また春の嵐の来襲があるらしく・・桜にバトンタッチするまで、散らずに頑張ってほしいものです・・

          ♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

春休みうだうだの息子の買い物に行って、ひょんなことから、映画をみてきました。

『僕等がいたー前篇』

久々の純愛映画(昭和的響きだ・・)です。

生田君が美しかったです。 高校生役って、どうなの!? って、初めは思いましたが、美しかったので、 OKということで・・

ほっこりした、春の日でした・・

| | コメント (2)
|

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »