« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月28日 (月)

青いバラのエプロン

久しぶりに行ったショッピングモール、ずいぶん変わっていて、キョロキョロしてしまいました。

テナント自体が変わっているところもありましたが、 以前からあったお店も、模様替えして、イメージ一新。

ナチュラルラル・キッチンもその一つ・・・(と思っているのはシロクマだけで、実は、すでに定着していたのかも・・・sweat02) 

ちょこっと(のつもりが、結構長居ちしゃうのですが・・)寄ってきました。

105円のものに交じって、以前は無かったと思いますが、315円とか525円とか、「ほぼ100円均一」になっています。 他の100均に倣えですね。

で、早速525円の綿麻エプロンを購入。

Dscf7452

以前この布地のランチョンマットにボーダーを刺繍したのを思い出し、「ちょいたし」の虫がさわぎだしたもので・・

大きなポケットと、すでに、襟元と裾には、トーションレースがついています。

布を裁つところから、始めたら、結構時間もかかるしね・・・

クロスステッチにちょうど良い布目なので、バラの花を刺しました。

Dscf7458

ポケットをほどいて・・と思いましたが、それではお手軽の度合いが下がる気がして(?)

胸元だけで完了に。

Daily Use のお手軽エプロンです♪

参考: 『ステッチ・イデー』No.14

| | コメント (6)
|

2012年5月24日 (木)

新玉ねぎはお好き?

ポン酢のCMです。

「新玉ねぎはお好き?」 

TVに向かって 「はい、だ~~い好きheart01」って、思わず答えたくなります。

木村多江さんがさくっとまぜている新たまスライスが美味しそうで、今シーズン、もう何回食卓に上ったことか・・

Dscf7424


たっぷりスライスして、一人で1個は食べちゃいます。 オリジナルは水菜と

ノリのようですが、花がつおと青みのネギをのせて味ポンマイルドをかけています。 

なんで、こんなに甘いんでしょう? いつも不思議に思います。

もう一つ、大好きなメニューは、新玉ねぎのポタージュ。

P1060345

これまた、甘さが引き立つメニューです。 カリカリベーコンを浮かせて、オリーブオイルを一回し・・(完璧、沈んで写りませんでしたsweat02) 冷たくしてもおいしいです。

新玉ねぎの季節、せっせと購入しては、腕がちぎれそうになっているシロクマです。

新玉ねぎのためというわけではありませんが、大量購入用、エコバッグをつくりました。

Dscf7427

美味しそうなマカロン模様のラミネート生地がセールになっていたので、

カット分を残さず使って、42x37x9のなんとも半端な大きさです。 

容量たっぷりは良いのですが、おかげで腕もせっかくのバッグもちぎれそうな毎日です。

| | コメント (4)
|

2012年5月22日 (火)

食当たり

今年は天体の食に複数遭遇できる当たり年なんだそうです。

という訳で、もっとも大イベントとなっていたring金環日食、次は300年後だそうです・・ 

そう、次はないってことよ!!

と、思って観る気満々だったのですが、出遅れたシロクマshock

すでに家の近辺では、日食グラスの影も形もなくなっており・・

「仕方ない・・ピンホール観測かぁ・・」ともはや化石となったテレカを引っ張り出してはみたものの・・

「たとえ曇りでも、決して肉眼で観てはいけませんというTVの注意を聞くたびに、イラッとしておりました。

ところが、前日の日曜の晩、息子1がどこからともなく、ゲットしてきて、我が家にも日食グラスがやってきたのですheart04

Dscf7456

ところが、一夜あけた21日、空を見上げると、厚い雲に覆われており・・

時々小雨がポツリ、ポツリ・・・

テンション下げ下げdownのシロクマ家。

それでも、雲が動いているから、何とかなるかもと、我が家で唯一のグラスを持って、

息子2は早々に学校での観測会に出かけて行ってしまいました。

TVを見ると、どうやら東京では薄日もさしているとか・・

そんなに離れていないのに・・

仕方ない、TVで観測するか・・とあきらめてお台場のSMAPの歌を聴いていると、 家の外で何やら騒がしい気配が・・・

前の通りに出てみると、ご近所の皆さんが通りに出て、雲が薄くなったところから、うっすら見え隠れする金環食を観測しているではありませんか!

またしても、出遅れちゃった! 

お迎えのご夫婦はグラスを片手に、「こんなうっすら雲越しじゃ、光が弱くて、肉眼じゃなきゃ、見えないよ」 

なーんだ、そうなの!? という訳で、あんなに注意って言われていたのに、しっかり肉眼で追ってしまいました。

さて、意気揚々とグラスを持って出かけた息子1はどうしたかといいますと・・

ずっとグラスで観ようとしたのだけれど、 せっかくのリングの間は雲越しで、グラスを通しては、ほとんど見えず、雲が切れ始めてやっとはっきり見えたのは、後半のだいぶ欠けた三日月状のころだったそうで・・

せっかくのグラスだから、6月6日に再度金星観測にチャレンジしてもらいましょう・・・

| | コメント (4)
|

2012年5月13日 (日)

お土産編

季節のもの・・としてはいかがなものかと、ちらりと思いますが、

キノコに目がないもので・・買ってきました。

Dscf7392
手前左は普通のシメジですが、

奥の白いのが、山伏だけ、

手前右の黄色いのが、たもぎだけ。

キノコ汁にしましたが、たもぎだけが、食感、味ともに、こりゃ美味し!でした。

これは善玉菌の多い土壌で有機栽培された地場野菜を販売する「田七屋」さんの商品です。

直営店もありますが、スーパーでも買うことができます。 生の野菜だけでなく、それを使った

無添加のジャムやドレッシングもいろいろ種類があって、好評だそうです。

Dscf7436

ルッコラとにんじんのドレッシングを買ってきました。

さっそく、ルッコラの方を試してみました。 一見、ジェノベーゼのように見えますが、実際、

パルミジャーノやにんにくが入っているので、似たような感じですが、とってもマイルドです。

葉っぱ類よりも、トマトやクリームチーズと一緒にいただくのが、美味しいかな。

Dscf7450最後はスイーツから。

この春、新しくオープンしたチョコレート・ファクトリーがあるというので、行ってみました。

「軽井沢チョコレート・ファクトリー東京ラスク」

軽井沢で東京ラスクのお土産って!?・・・と一瞬思いましたが、軽井沢限定のチョコ・ボールが看板商品なのだそうです。

マカデミア・ナッツにいろいろなフレーバーのチョコレートをコーティングする工程をガラス越しに見せてくれます。無料のコーヒー・サービスもあり、試食のラスクをいただいて、ゆったりできるスペースがいいですね。 

限定はこのチョコボールだけなのですが、東京ラスクも試食できるとなれば、やっぱり買いたくなりますよ・・ ハニー・レモン、美味しかったんだもん・・・

| | コメント (4)
|

2012年5月 8日 (火)

温泉めぐり

テルマエ・ロマエを観てきたら、居てもたってもいられなくなって・・・

GW後半、出かけてきました。

3日、絶対渋滞すると思っていたのですが、大嵐だったので、そんなに出足も早くないんじゃないか・・ってなわけ、な~~い!!

関越自動車道、大雨洪水警報の中、渋滞50kmにまんまとはまり、 練馬から碓氷・軽井沢ICまで、5時間かかりました・・(空いていれば、関越部分は2時間かからないのです・・)

まずは近場で、星野温泉「トンボの湯」

本家のホテルは超豪華リゾート・ホテルに生まれ変わっていますが、立ち寄り湯は気軽に楽しめます。 でも軽井沢エリアなので、ハイ・シーズン値段になるのが、玉にきず・・

露天の湯船には、桜の花びらがハラリと浮かんでいました。

Dscf7383Dscf7384_2

お風呂上りは、涼しかろうが、小雨だろうが、名物ソフト。 花豆フレーバーです。 小倉アイスのもっとなめらかな感じで、なかなかGood!でした。

翌日は明け方、雷鳴で、飛び起きました。 午前中は小雨が降ったり、晴れたり、雷がゴロゴロしたり、 ウォーキング向きではなかったので、空の明るい西の方へ、車を走らせました。

小諸、上田の辺りは、温泉街ももちろんですが、山すそにた~くさん、公共入浴施設が点在しています。

目指すは古代より長い歴史のある「別所温泉」

Dscf7398

木曽義仲、塩田北条氏、真田幸村と鎌倉時代からは武将に愛された温泉です。上は温泉街の中ほどの急な階段の先にある北向観音。 長野の善光寺が南を向いているのに対し、それに向き合うように北に向いて建てられたというのが、その名の由来だそうです。

若葉の緑に重厚な伽藍が映えて、清々しさの中にも歴史の重みが感じられます。

Dscf7403
温泉街には、いくつか共同浴場や右のような飲泉、足湯もあります。

泉質は単純硫黄泉、効能は五十肩や関節、神経痛など、

飲泉の効能は、糖尿病、痛風、便秘などなど・・中高年にはありがたい温泉なのです。

温泉街の入口、別所温泉駅(上田から電車が走っていたのです! 知らなかったー!)の前に新しくできた、公共の日帰り温泉施設、「あいぞめの湯」に入ってきました。

Dscf7409_2


共同浴場もいいのですが、広々した現代のテルマエでのんびりを選択。

岩盤浴もできるのが、sign01ですね。

単純硫黄泉というだけにかすかな硫黄臭があります。

Dscf7407

入り口を入ると、天井一杯に飾られた吊るし雛と鯉のぼりが、目をひきました。

最後は浅間山の溶岩地帯を超えた斜面にある、「奥軽井沢の湯」

ヨーロッパ調の大きなホテル、ホテルグリーンプラザの施設です

Dscf7417_2


うっすら褐色の美肌の湯といわれ、お肌つるつるになるというのが、魅力です。

露天が充実していて、洞窟風のお風呂や、檜のお風呂など、温度もいろいろ、お好みでという感じでした。

このホテルを中心に、総合開発された大リゾートなので、遊園地やゴルフコースがあり、遊ぶことには事欠きません。

軽井沢駅から送迎バスもあるそうです。

何より、どこからでも眺められる浅間山が良いですね。

Dscf7422

残雪の浅間山、夏とは別の顔でした。

山を下りると、桜の季節です。

2度目のお花見で、さらにリフレッシュできました。

さて、行きの5時間半に懲りたシロクマ家、帰りは朝8時に出発。 2時間40分ほどで、家まで帰りつきました。

 

| | コメント (0)
|

2012年5月 2日 (水)

テルマエ・・・

テルマエ・ロマエを観てきました。

期待通りでした。

思えばまだ寒い頃のこと・・

夕食後、TVをみながら、ウトウト~ウトト~ それが、いつの間にか爆睡して、ハッと目が覚めたら、12:00だった!? 結構そういうことがありまして(今なお)・・

夕食の片付けもしていなかった・・とか。 

アイロンがけをしていなくて、明日のシャツがないとか・・ 

そもそも、寒気を感じて目が覚めるというのが、常ですから、

朦朧としたまま、ルーティーンをこなさねばならない、悲惨なミッドナイトが待っているわけで・・・

でもその晩は、つけっぱなしだったTVに向けた朦朧とした意識が、ガツンと覚醒しました。

それがアニメ版『テルマエ・ロマエ』だったのです。

古代ローマ時代の浴場技師が現代日本の銭湯にタイム・スリップしてくるという奇想天外なストーリーですが、 深夜に一人盛り上がってしまいました。

以来楽しみにしていた映画なので、「平たい顔族」(古代ローマ人のルシウスが見た日本人)の代表として、朝一の回に勇んで行ってきました。

朝一にしては、さすがにGWなので、結構席が埋まっていました。 彫深のルシウスの現代の便利グッズ一つ一つに示す反応が、思わずぷっと・・なるものばかりで、客席が一つになって一斉にふき出していました。

P1060351

映画の中で、初めてタイムスリップしたルシウスが、銭湯で飲んで感動するフルーツ牛乳・・じゃなくて、「果実の味のする牛の乳」・・、 懐かしくなって、帰りに買ってしまいました。 

今はビンではなくて、ブリックパックなのですが・・

そうそう、こういう味だったわ・・

でも、本当はフルーツではなく、コーヒー牛乳の方が好きだったんだけど・・なんて思いながら腰に手をあてて、一気に飲み干しました。

| | コメント (8)
|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »