« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月22日 (土)

植物図鑑

植物図鑑よろしく、梅雨の庭からです。

Dscf8280

やっぱり、この時期、存在感があるのは、アジサイです。

日々七変化、今は紫に近い色になっています。

昨年ガーデニング師匠からDscf8284_3

分けていただいたホタルブクロ。

喜んで植えたものの、面倒見が悪いので、

心配だったのですが、

ちゃんと根付いていてよかった!

うまくすると、すごーく増えるのですが・・

師匠の庭のように、なるでしょうか・・

Dscf8278こちらは、こぼれ種で根付いた可憐な花です。

名前がわかりません。葉は細長いもので、下の方にはばをきかせて写っているのは、タンポポの一種の葉で、この花の物ではありません。

増えると嬉しいのですが・・

皆さんのブログに紹介されていた 有川浩さんの『植物図鑑』を遅ればせながら一気に読みました。

野の草を食卓にというレベルにはなかなか達しないですが、雑草という名の草はないということを意識して眺めると、日々戦う相手である雑草なのですが、少しは違った見方ができるように思えます。

巻末のレシピもうれしいかったです。 ・・と解説まで読み進み・・!!!(じぇ、じぇ)

女性だったんだ! いやはや、お恥ずかしい限り・・ 

細やかな女性の描き方や、お料理の丁寧な説明など、思い当たるところはたくさん・・・

今更ながら、なるほどと納得したシロクマなのでした・・

さて・・本編でも、絶賛されている醤油ポン酢。

私もファンです。

Dscf8328
ちょっとお値段ははりますが、普通にスーパーで手に入ります。

とってもマイルドで、柚子の香りがさわやかです。、 ドレッシングがわり(にはちともったいない)や、山芋の千切りとか、美味しくいただけます。

あわててもう1品というときにすごく便利。・・あっ、主人公がこのポン酢を知ったきっかけも、そういうところからだったかなぁ・・

| | コメント (4)
|

2013年6月19日 (水)

フルーツのストック・ボトル

あんまり立派なマンゴーなので、記念撮影。

濃厚な南国の味を満喫しました。

Dscf8327さて、

フルーツつながりですが、(毎度苦しいふりです・・)

前回のボトルのフルーツ・バージョンをつくりました。

Dscf8320_2


それぞれのパーツの大きさの整合性がない!? 

とりあえず、あるものを盛ってみたのもので・・・sweat01

あー何か果物がのってるなぁ・・と、まるっと見てもらえるといいなぁ・・sweat01



| | コメント (0)
|

2013年6月12日 (水)

ストックボトル

久しぶりに、粘土をこねています。

軽量粘土を加工します。

手触りふわふわが気持ち良い~♪

シュガークラフトの想定です。

Dscf8291

紅茶に浮かべたら融けそうですが、良い子はお口に入れないでね。

一昔前、内祝い好適品とかなんとか、お砂糖売り場に並んでいたのを思い出します。

今もまだ、あるのかな・・ 今時、角砂糖の需要は少ないだろうけど・・・

Dscf8293_2


マカロンとクッキーと一緒に、ホイップクリームをたっぷり盛って飾ってみました。

何を血迷ったか、かわく前に、うっかり、ひっくり返したので、あちこちつぶれたり、擦れたりして、泡立てすぎのガスガス感が漂い、妙にリアルかも・・

本物もですが、なかなか美しくデコるのは、難しいです。

本物はすぐお腹におさまるのでシロクマ的には「まっ、いいか!」ですが・・・

こうやって、ずーっと飾っておくとなるとねぇ・・・

Dscf8295

ストックボトルのふたに盛っています。

夏休みの子供粘土教室の試作です。

お子様に、喜んでもらえるといいなぁ・・

| | コメント (2)
|

2013年6月 2日 (日)

花のティッシュ・ポーチいろいろ

梅雨入りしてしまいました。

シロクマ地方だけ、1日が18時間くらいで、過ぎていくんじゃないかと思うくらい、時が矢のごとく過ぎていきます・・

梅雨の貴重な晴れ間に衣替えをしたら、過ごしやすい涼しい日曜になって、鼻がグスグスしてきました。

最近作ったものを一つ、二つ・・

Dscf8274


いつもの図案ですが、パンジーを加えて、友達のお母様に。 お揃いのマカロンをプラスしました。 久しぶりに作ったら、マカロン改め、ビッグマックになっています・・(汗)

Dscf8276


こちらはマチ付きティッシュ・ポーチに。 刺繍もたっぷり盛っています。

いろいろお世話になった外国の方のお土産に作りました。はるばる海を渡って、どんなものを入れて、どんなバッグのお供になるのか、想像すると、楽しみです。

参考: 『花刺しゅうの布小物』 日本ヴォーグ社刊

| | コメント (0)
|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »