« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月29日 (金)

桃モッツァレーラ

桃、だ~~~い好きです。

昔、『山梨で桃食べ放題ツアー』に行ったことがありますが、

その場で桃を木からもいで食べるって、あんまり食べられないものですね。

どんなに色づいたものを選んでも、木に残っている桃は食べごろちょい前なのです。

途中で、桃園の方が、収穫して完熟させてから、冷たく冷やした桃を出してくださって、

全然美味しさが違って、感動したものです。

このツアー、過酷でした。

桃の季節の桃畑って、ものすごく暑いのです。 甲府盆地であることに加え、桃が全面色づくように、地面にレフ版のような、シートが敷いてあるのです。 その中で、ジリジリ集中的に熱をうけながら、桃を食べるのは、かなりの根性が必要なわけで・・

で、やっぱり、冷たく冷えた桃を 落ち着いたところでいただくのが一番幸せと実感したわけで・・

ちなみに、2Lサイズくらいのを4個完食いたしましたです。

今年も楽しい桃の季節。

お友達のブログの、魅力的な一皿が目に焼き付いて・・いてもたってもいられずに・・

桃とモッツァレーラチーズのオードブル?サラダ?

Dscf9252

桃とチーズを盛り合わせたら、ワインビネガー、オリーブオイル、胡椒をひいてできあがり。

桃の甘味とチーズが、不思議にマッチ! 冷たく冷えた白ワインで至福のひと時に。

大好きなパンを切ったら、本気でワインモードです。

Dscf9253
パンからはみ出してカリカリになったチーズが美味しいんですよって、もちろんパン本体もです。

ダークな方はイチジクと胡桃。 週末のささやかな楽しみです。

| | コメント (4)
|

2014年8月23日 (土)

観察日記

かれこれ2か月ほど前のことになるでしょうか。

シロクマ家のネコヒタガーデンに何やら気配を感じるようになりました。

以前にも、ときどきハトヤマ夫妻が立ち寄って一休みしているのを見かけましたが・・

どうやら、このたび、マイホーム建築を家主にだまって決定したもよう!

それも居間の窓から、2mほどに張り出した若いもみじの枝先です。地上2mのところに建築を決行しました。

Dscf9163

7月の始めくらいだったか、せっせと夫婦で小枝を運んできていました。

こんな人間の生活の間近で!? と半信半疑でおりましたら・・

そのうち、1羽が雨にもマケズ、風にもマケズ、厳しい夏の暑さにも・・

ひっそり、じっと巣に滞在するようになりました。

これは卵を温めているに違いない。

ここで初めてネット検索。

通常2個の卵を産むこと、金色の産毛のヒナがかえること、な、な、なんと、気にいると年に5-6回も卵をかえすことがあるとか!?


この頃のハトは、マンションのベランダなどにも、巣を作るらしい・・

2階の窓から、覗いてみると、確かに白い卵が2個あります。

お父さんなのか、お母さんなのか、とにかく、じーーーーーっと耐えてピクリとも動かず、

相方は全然交替にやってこないのです。

さすがにシロクマもこのハトヤマ夫妻が気になって、大雨暴風警報や雷、強風警報なんぞの折には、ちょくちょく覗いてみていましたが、

丸見えにならないように、微妙に設計されていて、なかなか姿が確認できません。

そうこうしているうちに、どうやら卵がかえったようです。

P1060356
撮影できた時には、もはや親と同じ毛並になっていました。ただ、ふわふわの産毛が少し残っています。 ツバメの赤ちゃんのように、ピーピー、パクパクにぎやかなのかと思ったら・・寡黙です。じっと2羽で、強烈な日差しに耐えています。

今年の暑さで、焼き鳥になっちゃうんじゃないか、カラスに狙われないか・・

だんだん心配が募ってきます。 大雨のあとなど、寒くなって震えていないかな・・とか。

P1060363

両親も、あまり、頻繁にえさを運んできません。

だから、お食事タイムの時は、巣から落ちるんじゃないかと思うくらい、激しく動いています。

ヒナはというと、

予想に反して、りりしいビジュアルです。 可愛いヒナのイメージ、ありません。

ちょっとばかり、お盆に出かけてきて、一番にハトヤマ家の様子を見にいってみると、既にもぬけのからでした。

P1060365
無事に巣立ちしたんだね。

巣立ちの練習もしていなかったのに、いつの間に飛べるようになったのかしら。

野生の神秘です。

ときおり、大人のポッポ、トゥルットゥトゥ~から、ちょっと外れた鳴き声が聞こえてきます。

ハトヤマJr.たちでしょうか。 ほんの2か月若の観察日記でした。

| | コメント (2)
|

2014年8月20日 (水)

林を抜ける涼風

猛暑を逃れて、軽井沢に行ってきました。

Dscf9222
木々の緑が目に優しい・・

Dscf9231
結構、気温は高いのです。

雨も毎日、ガンガン降って、湿度もじわ~~とするのですが、

緑が帳消しにしてくれます。

旧軽銀座の喧噪から、ちょっと横道に入ると、こんな静かな空間があります。

室生犀星の旧居、見事な苔の庭と、別荘を無料で見学できます。

Dscf9233
床の間の桔梗が季節を伝えます・・

Dscf9229
小道を挟んで、カフェがあるのですが、今回、素通り・・ こちらも、銀座通りの奥の奥にあるショーハウスと同じ作りの旧館だそうです。 文豪のかおりがしてきます。

次回はぜひ、木漏れ日のもと、お休みしたいです。

と言いつつ、表通りは、すごい人で、暑さも倍増、結局ロータリーの入口の、新しいお店で

恒例のソフトクリームを・・・

・・が、本体は、写真を撮る間もなく、形を変えてしまったので、カウンターの奥に広がる

イート・インスペースの一枚。

Dscf9226
「旧軽井沢珈琲」というお店なので、コーヒーやさんが本業なのかな・・

信州味噌ソフトという珍しいフレーバーがありましたが、勇気がなくてトライできませんでした。

数あるソフトクリーム店の中でも、一休みしながら食べられるところは、少ないので、なかなかGoodです。

シンプルなテーブルにさりげなく置かれた苔玉。 シルエットなら、息子2も露出可だそうで・・

この頃の軽井沢、朝食をカフェでが、トレンドだそうです。

朝早くから、OPENするお店も増えているとか・・

Dscf9238ジョン・レノン御用達のフランスベーカリーで、塩クロワッサンを買いました。

定番のクロワッサンとは違って、しっかりしたパンですが、塩味が美味しいのです。

ジョン・レノンはバゲットを毎朝、買いに来たそうですが、シロクマ的には、塩クロワッサン押しです。

朝から元気を注入しました・・って、かなり日が高く見えるのは、気のせい!?

| | コメント (2)
|

2014年8月11日 (月)

夏の食卓

猛暑ですね。って毎回このフレーズで始まっているような気がしますが・・

台所に立つ気力も失せてきますが、

マンネリ化する食卓に、新風をと思って、久しぶりに、オレンジページを買いました。

Dscf9214


なすの梅ドレッシング。 梅肉におろしにんにく、みりんとごま油を合わせたドレッシングです。

レンジでチンして、優しいお酢で下味をつけたなすにキュウリ、ジャコ、大葉を盛って出来上がり。

ごま油と梅って、あっさり+αで、不思議に美味しいです。

Dscf9219超簡単で、美味しかったのが、アボガドの明太子和え。 

明太子をオリーブオイルでのばして、アボガドにあえただけですが、これ、ビールもワインも進みます。

Dscf9216つくねレシピのバリエーションがたくさん載っていましたが、その中で、カレー風味だれ。

和風ケバブとでもいう感じでしょうか。 これは絶対ビールです。

〆は、甘ーいコーンを炊き込んだご飯。

友だちのブログで教えてもらってから、夏の定番となりました。

Dscf9212炊き上がったところで、バターを落とすのが決めてです。


| | コメント (2)
|

2014年8月 6日 (水)

Suica 入れとハートのマカロン

あっづぅ~~~い!!

ビーチにいるかと勘違いするくらい、朝のゴミだし時間で、既にくらくらする日差しです。

思考が止まります。

なので、猛暑の前に作ったものを・・

Dscf9174


Suica サイズのポーチのリクエストがあったので、タルトとイニシャルを刺しました。

10cmのファスナーがついています。

本当は、パスケース風に、透明のシートをいれて表にポケットを・・

と、思っていましたが、後付にしても、微妙に、返したり、引っ張ったりで、シートが傷だらけになり、やむなく、作り直したわけで・・・

おまけをつけて、ご容赦願うことにして・・

Dscf9175


一回り小さいマカロンはさんざん作りましたが、この頃登場した、ハート型や、マトリョーシカ型が気になっていたので、同じNで地味目に作ってみました。

Dscf9166_2


中は、小さなポケットをつけました。 ファスナーが2㎝長くなっただけで、1回り大きくなって、だいぶ余裕ができますね。

 ただ、近所の小さい手芸屋さんから、12cmのファスナーが姿を消しているのが、気になるところです。 

参考:『スイーツのクロスステッチ from Paris』  グラフィック社刊

| | コメント (0)
|

2014年8月 2日 (土)

ひまわり

8月ですね・・

猛暑です。

今年はエルニーニョがどうしたとか、冷夏とか聞いたような・・・

随分前の話になってしまいました。

いつの間にか、熱帯夜の連続で、エアコンつけっぱ熟睡の日々です。

熟睡とはいえ、なんだか、重たい目覚めなんですよ・・

それ、毎年不思議に思いながらも悲しい現実である、夏太り!?

とにかく、重たかろうが、なんだろうが、猛暑を乗り切ればよし!ということで・・

盛夏の花を刺しました。

夏のポーチ、大小コンビです。

Dscf9141

参考: 『フランスのかわいい村のクロスステッチ』 グラフィック社刊

| | コメント (0)
|

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »