« 林を抜ける涼風 | トップページ | 桃モッツァレーラ »

2014年8月23日 (土)

観察日記

かれこれ2か月ほど前のことになるでしょうか。

シロクマ家のネコヒタガーデンに何やら気配を感じるようになりました。

以前にも、ときどきハトヤマ夫妻が立ち寄って一休みしているのを見かけましたが・・

どうやら、このたび、マイホーム建築を家主にだまって決定したもよう!

それも居間の窓から、2mほどに張り出した若いもみじの枝先です。地上2mのところに建築を決行しました。

Dscf9163

7月の始めくらいだったか、せっせと夫婦で小枝を運んできていました。

こんな人間の生活の間近で!? と半信半疑でおりましたら・・

そのうち、1羽が雨にもマケズ、風にもマケズ、厳しい夏の暑さにも・・

ひっそり、じっと巣に滞在するようになりました。

これは卵を温めているに違いない。

ここで初めてネット検索。

通常2個の卵を産むこと、金色の産毛のヒナがかえること、な、な、なんと、気にいると年に5-6回も卵をかえすことがあるとか!?


この頃のハトは、マンションのベランダなどにも、巣を作るらしい・・

2階の窓から、覗いてみると、確かに白い卵が2個あります。

お父さんなのか、お母さんなのか、とにかく、じーーーーーっと耐えてピクリとも動かず、

相方は全然交替にやってこないのです。

さすがにシロクマもこのハトヤマ夫妻が気になって、大雨暴風警報や雷、強風警報なんぞの折には、ちょくちょく覗いてみていましたが、

丸見えにならないように、微妙に設計されていて、なかなか姿が確認できません。

そうこうしているうちに、どうやら卵がかえったようです。

P1060356
撮影できた時には、もはや親と同じ毛並になっていました。ただ、ふわふわの産毛が少し残っています。 ツバメの赤ちゃんのように、ピーピー、パクパクにぎやかなのかと思ったら・・寡黙です。じっと2羽で、強烈な日差しに耐えています。

今年の暑さで、焼き鳥になっちゃうんじゃないか、カラスに狙われないか・・

だんだん心配が募ってきます。 大雨のあとなど、寒くなって震えていないかな・・とか。

P1060363

両親も、あまり、頻繁にえさを運んできません。

だから、お食事タイムの時は、巣から落ちるんじゃないかと思うくらい、激しく動いています。

ヒナはというと、

予想に反して、りりしいビジュアルです。 可愛いヒナのイメージ、ありません。

ちょっとばかり、お盆に出かけてきて、一番にハトヤマ家の様子を見にいってみると、既にもぬけのからでした。

P1060365
無事に巣立ちしたんだね。

巣立ちの練習もしていなかったのに、いつの間に飛べるようになったのかしら。

野生の神秘です。

ときおり、大人のポッポ、トゥルットゥトゥ~から、ちょっと外れた鳴き声が聞こえてきます。

ハトヤマJr.たちでしょうか。 ほんの2か月若の観察日記でした。

|
|

« 林を抜ける涼風 | トップページ | 桃モッツァレーラ »

コメント

ターコイズさん:
コメ、ありがとうございます。
なるほど、定期的となると、次回は9月!?
もっと静かなところで、過ごしやすい季節に子育てすればいいのにと思いながら、無事に巣立ってホッとしています。
外的の危険も一杯ですから、悲しい結果を想像すると、他をあたってよと言いたくなるのですが、空っぽになった巣をみると、ちょっとさみしかったりして・・
勝手なものですね。

投稿: ターコイズさん:T-maam | 2014年8月24日 (日) 17時55分

はじめまして!
これはスル~できない記事です。
私も4年ほど前ですが、マンションのベランダで
一組の鳩夫婦の出産、子育てに付き合ったことがあります。
5、7、9月と定期的?に2個ずつの雛が孵り、不幸にも
そのうち一羽は死ぬという現実もありでしたがsweat02、今思えば懐かしくもあり貴重な体験でした。

投稿: ターコイズ | 2014年8月24日 (日) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 林を抜ける涼風 | トップページ | 桃モッツァレーラ »