« 石窯のピザ | トップページ | とうもろこし食べ比べ&食べ方 »

2015年8月30日 (日)

マニアック

来年の大河は真田幸村だそうで・・

真田の郷に行ってみました。

上田城には何度か行っているし、 恐ろしく暑い頃で街中は耐えられないだろうと・・

ガイドブックによると、真田幸村の装束をまとった『おもてなし隊』が、出没するらしいという「ふれあい真田館」を目指します。

暑さのせいでしょうか・・だ~~れもいませんでした。 

ふれあい館も、道の駅のお粗末版というか、お客さんもほとんどなし・・これじゃあ、おもてなし隊も配備に及ばずというところなのでしょう・・

やっぱり、暑くても、お城の方に行けば、会えたかも・・

そもそも、眞田家の本体は松代の方に移っており、こちらはひなびた山里で、派手さはないであろうことは、想像していましたが・・

放映が始まったら、もっと活気が出るのでしょう・・と思い直して

予定していなかった、ゆかりの長谷寺(ちょうこくじ)にお参りしてきました。

車一台やっとの道を人っこ一人遭遇しないまま、たどり着いてみると、

火災にあって立て直したそうで、イメージしていたより、新しい本堂でした。

アーチ状の門にも、屋根瓦にも、六文銭の紋が入っています。 

Dscf9997Dscf9999_1

本堂の後ろの山に、幸村の祖父母と父・昌幸の墓所がります。

Dscf0001_1Dscf0004_1


深い緑と蝉しぐれの中、静かな時が流れていました。

資料館には、その昔の「真田太平記」の展示もあり、当時幸村役の草刈正雄さんが、今回は父役を演じるとか・・

どこも、このハイシーズンに、ガラ空きで、ひなびた忍びの郷を実感できました。

ガイドブックを見ると、もっと盛り上がっているかと思ったのに・・

フライングだったかなぁ・・ いたずらに観光地化しない方が、ほっとするような、でもちょっとがっかりするような・・ 

ただ、ゆかりのスポットをレンタサイクルでどうぞとありましたが、この山里を、それは無いんじゃないかと・・

大河を楽しみにして、静かに見守りたいと思います。

|
|

« 石窯のピザ | トップページ | とうもろこし食べ比べ&食べ方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石窯のピザ | トップページ | とうもろこし食べ比べ&食べ方 »