« マニアック | トップページ | 涼の音 »

2015年9月 3日 (木)

とうもろこし食べ比べ&食べ方

シロクマの夏の主食はトウモロコシですといっても、過言ではありません。

家の者からは、家畜扱いされてます・・

一口にトウモロコシと言っても、この節はたくさんの種類が出回っていますね~♪

出始めのころ、一番食べたのは「味来」でしょうか。

本場信州の高原で思わず買った「ピーターコーン」(上)と「ミルフィーユ」(下)

Dscf0006

ピーターコーンは若干小粒かなあ・・ 一昔前に白い粒が混じったところが、珍しくて、うれしかったな~と懐かしくなって、買ってみました。

ミルフィーユはどこがミルフィーユなのか、わかりませんでしたが、どちらも同じくらいジューシーで柔らかく、糖度も高かったと思います。

でも一番甘いと思ったのは、やっぱり「ピュアホワイト」ですね。

Dscf0037
他種から遠ざけて、ピュアに育てるのに、手間がかかる分、若干お高いかもしれません。

生でも食べられますが、やっぱり多少のえぐみがあるので、火を通した方が数倍美味しいと思います。

これも甘い、「ゴールドラッシュ」 きれいな黄色い粒です。

Dscf0026

トウモロコシのきれいな食べ方というのをTVに倣って、やってみました。

根本が斜めになった割り箸(宅配寿司・銀の○についてくる割り箸が最適です!?)を使用して、

1列こそげ落とします。

その溝に向かって親指の腹で粒を外しながら、手のひらにためます。

ピーナッツを食べるがごとく、手のひらから、ポンと口に放り込むのです。

亡くなった祖母がこの方法で、猛烈なスピードで、トウモロコシを食べていたのを思い出します。

祖母の場合は、入れ歯になって、心ならずも、習得した技だと思っていました。

当然のことながら、残った芯は誰よりも美しかったのを覚えています。

よしっ!とシロクマもトライしましたが、指の腹ではなかなかきれいに外れません。

粒がジューシーで、柔らかいので、つぶれてしまって、きれいに外れないのです。

そういえば、祖母と食べていた子供のころのトウモロコシは、もっと粒がしっかりかたくて、

ぽろっと外れたものでした・・

はたして、達人の祖母は、現代のゴールドラッシュをあのスピードで食べられるでしょうか・・・ 

|
|

« マニアック | トップページ | 涼の音 »

コメント

ボンボヤージュさん:
トウモロコシって、いろんな種類があるのね!
グラビス、食べてみたいです。
やっぱり、コーンは黄色いのが美味しそうに見えるわね。
斜めにカットした割り箸で、スーッとやってみてください。
気持ちよく、粒もつぶれず、とれますよ。

投稿: ボンボヤージュさんへ:T-maam | 2015年9月 8日 (火) 01時04分

私も今年はとうもろこしよく食べてます。
ホワイトの品種は美味しいけれど見た目が甘そうに見えなくて・・
私は昨日はグラビスという品種を食べました。
美味しかったです。
割りばしで一列ずつはずすんですね。やってみます。
とうもろこし御飯も食べたくなりました♪

投稿: ボンボヤージュ | 2015年9月 7日 (月) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マニアック | トップページ | 涼の音 »