« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月27日 (火)

生産者に聞いてみた

どうしても納得いかなかったので、
直売所に行ってきいてみました。
開口一番
「バナナピーマンは辛いですよ」
確かに、唐辛子のくくりで、売られていましたけどぉ・・
????
でも調理前に見たレシピサイトでは、甘いとか、糖度8度とか、お子様でもOKとかが主流で、辛いを強調した記述はなかったんですよ・・
で、
【バナナピーマン、辛い】で検索しなおすと、同じ思いの方がたくさんいらっしゃることがわかりました。 
続く説明は
「同じ枝でも、辛いものとそれほどでないものが混じっていて、食べてみないとわからない。
むしろ甘い方がまれ」
そんなぁ・・ロシアンルーレットみたいな売り方ってありなの?
一般的には、首都圏のスーパーでは、火を噴きそうな辛さのバナナピーマンなんて、売っていないと思うけど。
そもそもバナナなんてネーミングに問題ありなんじゃないの?
しかし、1か月前と、変わらぬラベルで、売られていたということは、ほかにクレームする人もいないかったのね。
地元の人には常識なのね。
煮え切らないまま、山の夏が終わっていきました。
せめて小布施の濃厚ミルクのソフトクリーム・チェリーキッスで〆といたしましょう・・・
高カロリーで鬱憤を晴らす悪い癖、改めたい・・sweat01
Dscf0562
 
 
 
 
 
 
 

| | コメント (2)
|

2016年9月20日 (火)

バナナだからといって・・

前回の発地で購入したバナナピーマン、どうやって食べようかなぁ~

苦みも少なく、ピーマン嫌いの子供でも食べられるとTVで観たことがあります。

堪能するには、丸ごとかな~

と、万願寺唐辛子の感覚で、丸ごと焼いてみました。

Dscf0574
チキンは、香味パウダーをまぶして焼いた超お手軽チキンなので、 メインはむしろピーマンだ!くらいのテンションで、太目の一本をガブッといってみました。

な、な、なんだーこりゃ!!

ヒ~~~~っ、 辛~~~~~い!!

まさしく、青唐辛子の味ですぞ!!

口中ひりひりというか、チクチクいたします。 唇のラインがなくなって、モロたらこ唇になってます!!

ブツが入っていたビニールをごみ箱から拾って確認しましたが、確かに「バナナピーマン」

とシールが貼ってありました。 んっ!? 値札には青唐辛子とも書いてある。

唐辛子の仲間ではあるのでしょうが・・

見た目はバナナピーマンですぞ。

怒り心頭で調べてみましたら・・

まれに、辛い物もあるんだとか・・

近くで唐辛子を栽培していると、受粉してしまったり、乾燥など、栽培条件でストレスがかかると、カプサイシンを作り出してしまうのだそうで・・・

恐る恐る残る5本も5mmくらいずつ食してみると6本中2本がバナナピーマンらしき個体でした。でも、半分以上4本が唐辛子だったって、やっぱり、怒りおさまらず・・・

注意書き付けといてよ! 

ピーマン嫌いの子供だったら、一生ピーマン食べなくなるんじゃない!?

今度行ったら、一言文句いっとこっと。

でも来年かな・・・

| | コメント (0)
|

2016年9月 8日 (木)

避暑地の残念なこと

今年の夏はやっぱり、異常です。

大雨、今度は大変なことになりませんように・・

夏も終盤になってから、涼みに行ってきました。

Dscf0547

緑の中で呼吸すると、体中に酸素がいきわたる気がします。

リフレッシュは必要ですね・・

少し人出も減ってきて、ゆっくりのんびり、美味しいものを・・

たまには、新しいお店を開拓しようと、ブログで紹介されているお店にいってみました。

あれっ? UPされたお料理画像と随分違うけど・・

解凍バレバレのバゲットと、壁の隙間に消えていくアリさんの行列に、がっかり・・

ピークを過ぎて、お店も一息つきたいところだったのかなあ・・

また違う日は、やっぱりいつものところと思ったら、「お昼貸切」という想定外の出来事で、

しかたなく、さびれたお蕎麦屋さんに・・

立地が良いので、有名人の色紙がたくさん飾ってありました・・

天ぷらそばはあっても、天ざるはできない。

蕎麦は大盛りありだけれど、うどんはできない。

裏の事情にぴーんときました・・ 駅の立ち食いの方が良いくらい・・

季節営業の飲食店の現実が垣間見えてしまいました・・

休日の外食、残念続きの夏でした。

期待を裏切らないのは、とれたての素材そのものかもしれません。

Dscf0566発地市場でゲットしたバナナピーマンとフルーツトマト。左にちらりと見えるのはバターナッツかぼちゃ。

フルーツトマトはてっぺんに星型があるのが甘~いのです。

朝どりのトウモロコシが売り切れだったのが、心残りですが・・

| | コメント (0)
|

« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »