2017年6月17日 (土)

房総ドライブ

梅雨入りしたとはいえ、なんだかお出かけ日和だったので・・

南房総へひとっ走りしてきました。

東京から本当に近くなりました。

木更津にわたってからも、高速道路が充実して、あっという間に館山に到着。 ここまで1時間ちょっと! その昔は 久里浜からフェリーで渡ってきたものでした・・

『渚の駅』館山で腹ごしらえ。 やっぱり、海鮮丼ですねぇ・・

Dscf0985
この施設の名誉駅長は、かのさかなクンだそうで、ミニ水族館もありました。

もちろん新鮮な野菜や魚介やお土産の売店も充実しています。

ここまでも、いくつかの道の駅を横目に走ってきましたが、

房総半島の道の駅の多さにはびっくりです。

10分走ると、一つ、また一つ・・道の駅めぐりで終わってしまいそうです。

鴨川に一泊して翌日は、今人気のパワースポットへ。

秋の早朝がベストシーズンらしいですが、

ここだけはウィークデイでも、人だらけ・・

鮮やかな緑の木々に囲まれた濃溝の滝

Photo
その奥が亀岩の洞窟です。

Dscf1010

洞窟から差し込む朝日が水面に映ってハート型になるというので有名になりました。

それには遭遇できませんでしたが、清々しくて、十分パワーをもらえたと思います。

350年ほど前に、水源確保のために、人工的に掘られた洞窟なのだそうです。

Dscf1011
Dscf1014

洞窟の帰り道はあやめの小道で(もう花は終わっていましたが)

暗くなると清い水に生息する蛍が見らるそうです。

そして、帰りのお土産は・・

そりゃぁ、道の駅でしょ! と思いましたが、立ち寄ったところは、どうやら違うカテゴリーの直売所だったみたいで・・・

どちらにしても、 房総半島の旬はこれということで

Dscf1020
枇杷ですね~  大粒で甘~い!

Dscf1021

TVで紹介され人気だというさつま揚げ、これ美味し!でした。

久しぶりに訪れた房総、海以外の魅力もまだまだもっと楽しめそうです。

| | コメント (0)
|

2017年6月 9日 (金)

活火山

穏やかな晴天の下、浅間山の美しい稜線を眺めていると、
そうだ、活火山だったんだ!と気づかされます。
この日は、火口から白煙が上がり、風にまかせて、形を変えていました。
Img_0610


Img_0612


Img_0613


穏やかな雄姿ですが、計り知れないエネルギーを蓄えているということを忘れてはならないのだふと気づかされました。
キャベツ畑の向こうの山は何かなつかしく、ホッとする風景であることに変わりはありません。
Img_0614

 

| | コメント (0)
|

2017年6月 4日 (日)

龍神様の池

清い水のほとりにいると、日々ドロドロした日常の身も心もその清水が洗い流してくれるような気持ちになります。

Dscf0927Dscf0935

Dscf0932


浅間山の伏流水が湧き出した大沼の池は浅間山麓の古刹、真楽寺にあります。

その澄んだ水面は木々の新緑を映して神秘的な美しさでした。

Dscf0929Dscf0930

池の一番奥には龍神様が。

夏には龍神様のお祭りがあります。

真楽寺はこの辺りではもっとも古く、開山は6世紀とか。

うっそうとした杉木立の中に、三重塔、樹齢1000年の神代杉など、見ごたえのある名刹です。

Dscf0918


Dscf0923Dscf0921





Dscf0925
春ゼミしぐれを聞きながら、清々しい一時を過ごしました。

| | コメント (0)
|

2017年6月 2日 (金)

新緑

先週末、新緑の東信地域にいました・・
緑がまぶしかったです。
GWからほんの2週間しかたっていないのですが、この間の木々、花々の成長はものすごい勢いです。
Dscf0939
一気に芽吹いた木々は鮮やかな若緑に代わっています。
あちこちで満開だった桜に代わって、オレンジ色の山つつじが緑のなかに、ポッと光をともしたようです。
Dscf0916
これまでこの季節に来るチャンスがなかったので、気づかなかったことです。
もう一つ、聞きなれない音がずっと林の中に響いていましたが、春のセミなのだそうです。
これも初めて聞きました。セミというより、カエルとかミミズのような感じです。
Dscf0946_1
GWの喧噪が嘘のように軽井沢は静寂を取り戻しています。
Dscf0948_1
Dscf0949

梅雨入りまでのしばらくは、さわやかな高原の初夏を楽しむのに一番良い時かもしれません。

 

| | コメント (0)
|

2017年5月 7日 (日)

桜 AGAIN

信州の桜はGWが盛りでした。

Dscf0854


Dscf0849


Dscf0855

旧軽井沢の桜、色とりどりでした。

Dscf0862
アウトレットでは枝垂桜がみごとでした。

Dscf0858

浅間山の残雪はほとんどありませんでしたが、前半は朝晩かなり冷え込みました。

昨年より少し遅れた桜を存分にたのしめました。

Dscf0865_2
今年の新しい人気スポットにも・・

あのドラマの舞台に使われた燻製やさんです。

Dscf0868

雲場の池はいつもどおり静かな水面に青空を映していました。

Dscf0867

山の春は一日ごとに鮮やかに輝きを増していました。

新鮮な空気を一杯吸って、充電満タンになりました・・















| | コメント (2)
|

2016年7月14日 (木)

レイクガーデンのバラ

バッグのRose 柄からの・・
本物のRoseを鑑賞してきました。
南軽井沢のレイクガーデン
以前は、人造湖を中心にした、別荘地の中のコミュニティ・エリアで、極小遊園地や、某デパートの出店やその他昭和のレジャー施設として、にぎわっていたのですが、年々、別荘地も広域に開発が移っていき、さびれる一方でした。 いろいろなコンセプトのお店や施設が、できては消え、できては消え・・ 
・・で、誕生したのが、美しく手入れされたイングリッシュ・ガーデンなのです。
 
エントランスから、気品が漂い、心地よい空気が流れます
Dscf0482
 
Dscf0479
 
Dscf0484
 
Dscf0488
 
Dscf0486
ハイシーズン前の静かなガーデンで、贅沢な時間を過ごしました。

| | コメント (0)
|

2016年5月27日 (金)

新緑の信州ー3 追分

晴天の次の日は、油断していると、ダウンを着てもよいくらい気温が下がったりするのが、信州の初夏です。
旧中山道の追分宿を歩いた日は、ありったけのものを着込んでも、まだ寒い日でした。
Dscf0372
いつも、表の国道を通り過ぎるだけで、堀辰雄記念館だけしか、入ったことはなかったのですが、立派な町営の無料駐車場が完備され...
Dscf0371


いくつかの古民家が雑貨屋さんや、酒屋さんや、お蕎麦屋さんにリニューアルさfれて魅力的に配された旧街道に変わっていました。
このあたり、○○宿と名の付く、スポットがいくつかありますが、ここ追分宿は前述の柳町のような濃い密度でまとまった観光スポットというより、旧街道沿いに点々と古民家が散らばっているという雰囲気なので、ゆっくり散策するのに、良いかもしれません。

Dscf0366
Dscf0367_3


その中心になっているのが、
旅籠の油屋さん(まだ旅館としても営業されていますが)の
前庭や建物の一部をギャラリーとして開放していて、 パン屋さんや、草木染の作家さんや、古本屋さん等々、個性的なお店をめぐることができるようになっています。 
ウィークデイだったせいか、店主不在のお店が多くて、ちょっとさみしかったですが・・ 
入口の薪ストーブの温かさが、ほっこりさせてくれました。
年に何度か、イベントが開催されるそうです。
行ってみたかった、パン屋さんにも。
Dscf0369
「一歩」っていう名前も印象的ですが、ひとつひとつケースのガラス戸を持ち上げて、パンを選ぶのは、懐かしくも、楽しくも~~
シロクマはハード系のパンが好みです~♡
Dscf0376
カフェもあるので、そこでランチもしたい気分でしたが、とにかく寒くて、最初にお蕎麦屋さんで温まってしまったので、次回のお楽しみ。 
昔ながらの観光スポットが、少しずつ時代に合わせて変化しつつあるのが、また楽し~なのでした。

| | コメント (0)
|

2016年5月24日 (火)

新緑の信州ー2 上田

とにかくフィーバーです(古っsweat01) 
町中に六文銭の旗がひらひら~
 
お城の石垣を見上げる尼ヶ淵沿いの駐車場に行くも行かぬも、渋滞にのって、知らないところにつれていかれ、やっとのことで、車を置いて、北國街道の宿場町、柳町の方から、散策することに・・
Dscf0335Dscf0336

そうそう、有名なお蕎麦屋さんが、あったはず・・
で、意外にも並んでいない!と 喜んで行ってみると、「本日分は売り切れ」なんだそうな・・・
13時過ぎのことでした・・
雰囲気のあるお店は、どこもかしこも人であふれ、昭和のかおり、ぷんぷんのザ・食堂で腹ごしらえ・・ 
いざ、お城へ馳せ参じるといたしますか!
Dscf0348_2
シロクマ一家は眞田神社にお参りして、のんびり城址公園を歩いてリフレッシュするコースがお気に入りなのですが、
Dscf0351_2
公園内はいつ行っても、閑散としているという印象でした。
ところが、いったい、どこからこんなに人が沸いて出たのか?
びっくりポンなのでした。
歴オタの息子2につきあって、40分待ちの大河ドラマ館を見学してきました。
Dscf0350
確かにお堅い歴史資料館とは異なり、TVで見る俳優さんを思い浮かべながら、衣装や小道具やセットを通り抜けていくのは、楽しい展示ですが、
館内も人、人、人で異常に暑くて・・
小さいお子達と一緒に、おばちゃんも、泣きたくなったよ。(夏はエアコン、はいるんですよねぇ・・)
Dscf0344
NHK承認シールのはってあるお土産を買うのに、これまた30分。
何をするにも「忍」の世界でござりまする・・
いつもがらんとした大手門前には、フードフェスの超小型版のブースが並んでいました。
焼き鳥とか、食べたいものありましたが、 とにかく体温を冷やさないと・・ということで、ソフトクリームに並びました。 旧軽銀座より、いい値段って、びっくりポンより、むっつりポン。
Dscf0346_2
その先の行列は、はい、おもてなし隊の眞田幸村さまと写真を撮る列です。 ざっと30分。
昨年の夏も幸村さまに、上田市内で会えるという情報で、眞田の里まで、行ってみたのですが、フライングだったのか、そんなマニアックな奥地まで行ったのが、敗因だったのか、そういうノリはどこにもなく・・・
今回は、沸騰しすぎで、手が届かず・・ そんなものですなぁ・・
 
 
まだまだ行列は続きまして、眞田神社お参りに、まさかの30分!? 大晦日の初詣状態です。
それとクロスする行列は、復元された櫓に上る列で、 ざっと60分。
日本人はまじめです・・・・
ちなみに
大河ドラマ館は来年1月15日までです。 夏は過酷だと思われます・・
 
 

| | コメント (0)
|

2016年5月22日 (日)

新緑の信州-1

少し前になりますが、初夏の緑に癒されてきました。Dscf0332

緑に包まれた、軽井沢・雲場の池です。

GWを境に、一気に初夏がやってくると、ゆっくりゆっくり夏に向かいます。

Dscf0353

桜にかわり、芝桜や・・

Dscf0358

サクラソウや・・

Dscf0365

道祖神と浅間山、 軽井沢の喧噪から、ちょっと外れると、信州の初夏は一気に進みます。

| | コメント (0)
|

2015年10月15日 (木)

紅葉 in 軽井沢

紅葉を見に出かけました。

ちょこっと日帰りです。

ウィークデイの関越をぶっ飛ばすと、東京から2時間半で、別世界が広がります。

峠を越えると、気温も7-8度は違うでしょうか・・

ですから木々もそこそこ、色づいているものと・・・

2日前の友達のブログで確認させてもらったので、紅葉スポットの「雲場の池」に直行!

Dscf0114

一面真っ赤とはいきませんが、期待通り、「うふふ」な感じ。

ここの魅力は水面に紅葉が映り込むところなのです。

Dscf0118

秋晴れの青空のおかげで、水面の紅葉も鮮やかでした。

真っ盛りの紅葉はゴージャスで、散り敷く落ち葉を踏みしめる贅沢感がありますが、

まだ始まったばかりの紅葉は、緑の中にぽつぽつと色づいた木々が見え隠れして、それなりの風情があります。 いとおかし・・というところでしょうか。

Dscf0116
連休の次の普通の日なのですが、さすがの観光地です。

旧軽銀座の通りは、シーズン中と同じくらいの人出でちょっとびっくり。 でも中国のお客さんが多かったかなぁ・・

午後からは山の方を一回りドライブしてから、ハルニレ・テラスの丸山珈琲で一休み。

渓流を覆うモミジが風流なのですが、まだまだでしたね。

さすがに、パーキングはすんなり(ウイークデーは無料だし)でしたが、いつ来ても、ここは人で一杯なのです。星のリゾート、恐るべし。

3連休に無縁だった息子へのお土産には、フレンチ・ベーカリーのアップルパイを買いました。

リンゴのハーフカットが丸っと並んでいて、重量感ありです。

Dscf0140Dscf0141

Dscf0151

今回は両親と一緒のミニ・ドライブなので、ハードな行程はなしでした。

Dscf0112_2

日帰りですが、秋の軽井沢をたっぷり満喫した1日でした。

でもやっぱりもう1週間先が、ベストだったかな・・coldsweats01  ⇒昨年の月末

| | コメント (2)
|