2012年4月23日 (月)

マウスマンション

シロクマのミニチュア好きを知った先輩が、素敵な絵本を紹介して下さいました。

P1060271

ネズミのユリアとサムはネズミの家族がたくさん暮らしている大きなマンションに住んでいます。 

そのマンションのそれぞれの部屋の住人(住ネズ)たちとの、日々の出来事が絵本になっています。 

オランダで驚異的な人気を博したその秘密は、マウスマンション自体が、高さ3メートルの巨大ドールハウスだというところにあります。

著者のカリーナ・スカープマンさんは3年かけて、高さ3メートルにもなるドールハウスを身近な材料や、廃材で、コツコツ作り上げました。 部屋数は、なんと100を超えるそうですよ。

その一部屋、一部屋が、絵本の舞台になっているのですが・・

それぞれの住ネズの日常の一場面が切り取られています。

身近な材料を使うコンセプトは、通じるものがありまして・・ 

ユリアとサムのお話も可愛いのですが、撮影されたシーンの一部屋一部屋を楽しんでみています。

久しぶりに、ミニチュアを飾りたくなって、ユリアとサムが、やってきそうなキッチンを思い浮かべながら、テーブルをかざりました。

P1060324_4

食べ物はあまり出てこないので、ネズミといえばチーズと相場が決まっている・・

とはかぎらないか!

『マウスマンション サムとユリア』 カリーナ・スカープマン著 (メディアファクトリー)



| | コメント (4)
|