2014年3月 2日 (日)

弥生の空

雪に翻弄された2月が過ぎ・・

さあ春に突入かと思いきや・・ 

寒いです。

雪山の最後の一欠けがまだ融けずに残っています。

明日は雛祭り・・ お天気、回復するのかな・・

Dscf8876

ミニチュア立雛を新調しました。

だんだん目に自信がなくなって・・じりじり拡大しています。(男雛の高さ5cm)

菜の花も省略したので、代わりに、京都のお菓子で花を添え・・

Dscf8884

 

| | コメント (0)
|

2013年11月21日 (木)

Pin Accessory & Mini Bottle

携帯電話の進化によって、ストラップの需要はどうもねぇ・・・

ということで、パンとか・・、ペストリーとか・・、 クッキーとか・・、 新たなポジションで、活躍してもらうことにしました。

Dscf8625

バッグに着けると、揺れ具合がちょうど良いかも・・です。

Dscf8622_2Dscf8623_2

             トリコロールのリボンって、ケーキ屋さんのイメージなんです・・昭和の香り・・!?

先日ワークショップ(講習会でしたが、呼び方、変えてみました・・)

で、作ったストックボトルも、小さくして、並べてみます。

Dscf8631

ふたの直径が4.5cmなんですが、う~む、盛り過ぎだね・・

ちょっと、指輪や、ピアスを一時、避難させておいたら、楽しいかな・・と思います。

| | コメント (2)
|

2013年8月11日 (日)

ピンのアクセサリーとヘクソカズラ

エアコンをいれているのに、じっとしていても、ダラダラ汗が流れます。

暑くて、息苦しくなるほどです・・・これって熱中症の始まりかしら・・

と、思ったら最後、エアコンの設定温度をガツンと下げるシロクマです。

その暑さ続きの中、前記事のパーツ工房の成果は、15人もの皆さんと、ストック・ボトルに盛りきって、無事に役目をはたしました。 超慌ただしいうちに、終わってしまったので、画像も何もありません・・・

ご参加いただいた皆さん、セッティングしてくださった地区センターの皆さん、ありがとうございました。

さて、残った粘土で、いたずらです。

Dscf8391

この頃は、100均でも、パーツがいろいろそろうようになりました。

土台付きのピンとパッチンどめにおなじみのスイーツを盛りこんで、ちびっこアクセに。

Dscf8389

こちらも、100均パーツとリボン、バケットを組み合わせて、ピン・アクセのできあがり。

もっと、派手なスイートパーツをとも思いましたが、エッフェル塔とトリコロールとくれば、

シロクマ的にはバケットなんですよね。

**********************************

シロクマ地方は、ゲリラ豪雨が避けて通ったようで、このところ、雨がふりません。

プランターの花もぐったり・・葉の大きいものほどグッタリ感が顕著です。

そんな中でも、元気なものは、やっぱり雑草なんですねぇ・・

「雑草という名の植物はない」…そうでした。

『植物図鑑』で学んだ昭和天皇のお言葉ですが、

もう一つ、ずっと頭に残っていた、唯一の草・・・

きっとこれだねっというものが、我が家にも、はびこっておりました。

Dscf8383


「ヘクソカズラ」 うら若き女性が口にするには憚られる名前のあれです。

花の部分から、語頭の部分を想像させるかぐわしい香りがするというのですが、あまり感じなかったなあ。 暑すぎて臭覚も衰えていたのかも!?

確かにものすご勢いで増えていくので、これまで、花を意識することなく、怒り狂って引き抜いておりました。

Dscf8384ほっておくとこんなに、芝生を縦横無尽にランナーを伸ばして、新たに巻きつきやすい草木を物色する、好まれざるヤツなのです。

今年は、早くから暑くなって、いつにも増して、ボウボウ状態のまま、放置していたので、

はからずも、この花に遭遇できてしまいました。

酷暑、まだまだ続きそうです。 ファイトォーッ!!

| | コメント (0)
|

2013年8月 6日 (火)

断水の夜

昨夜 

水道管交換工事で、夜10時から朝の5時まで、断水しました。

こんなに長いのは久しぶりでした。

夜10時というと、まだシロクマ家はフル活動中でして・・

夕飯の片付け、お風呂、早めに済ませ、寝るしかないか・・なのですが、

そういう日に限って、早寝できない状況に陥ります。

明日の粘土教室の準備で、パーツ作りの真っただ中。

その上、色がけ段階に入っており・・・

Dscf8378ちょこちょこですが、

バナナの芯とか・・

Dscf8381_2

イチゴの艶出しとか・・

Dscf8380


キウイの種描きとか・・

Dscf8376


プレッツェルやクッキーのチョコ掛けとか・・

小さいので、もともと筆は使わず、楊枝や綿棒で着色するので、筆を洗う心配はないのですが、

作業工程上、どうしても手先に着くんだよね・・・

なので、

水道のありがたみをひしと感じた一夜でした。

| | コメント (0)
|

2013年6月19日 (水)

フルーツのストック・ボトル

あんまり立派なマンゴーなので、記念撮影。

濃厚な南国の味を満喫しました。

Dscf8327さて、

フルーツつながりですが、(毎度苦しいふりです・・)

前回のボトルのフルーツ・バージョンをつくりました。

Dscf8320_2


それぞれのパーツの大きさの整合性がない!? 

とりあえず、あるものを盛ってみたのもので・・・sweat01

あー何か果物がのってるなぁ・・と、まるっと見てもらえるといいなぁ・・sweat01



| | コメント (0)
|

2013年6月12日 (水)

ストックボトル

久しぶりに、粘土をこねています。

軽量粘土を加工します。

手触りふわふわが気持ち良い~♪

シュガークラフトの想定です。

Dscf8291

紅茶に浮かべたら融けそうですが、良い子はお口に入れないでね。

一昔前、内祝い好適品とかなんとか、お砂糖売り場に並んでいたのを思い出します。

今もまだ、あるのかな・・ 今時、角砂糖の需要は少ないだろうけど・・・

Dscf8293_2


マカロンとクッキーと一緒に、ホイップクリームをたっぷり盛って飾ってみました。

何を血迷ったか、かわく前に、うっかり、ひっくり返したので、あちこちつぶれたり、擦れたりして、泡立てすぎのガスガス感が漂い、妙にリアルかも・・

本物もですが、なかなか美しくデコるのは、難しいです。

本物はすぐお腹におさまるのでシロクマ的には「まっ、いいか!」ですが・・・

こうやって、ずーっと飾っておくとなるとねぇ・・・

Dscf8295

ストックボトルのふたに盛っています。

夏休みの子供粘土教室の試作です。

お子様に、喜んでもらえるといいなぁ・・

| | コメント (2)
|

2012年4月23日 (月)

マウスマンション

シロクマのミニチュア好きを知った先輩が、素敵な絵本を紹介して下さいました。

P1060271

ネズミのユリアとサムはネズミの家族がたくさん暮らしている大きなマンションに住んでいます。 

そのマンションのそれぞれの部屋の住人(住ネズ)たちとの、日々の出来事が絵本になっています。 

オランダで驚異的な人気を博したその秘密は、マウスマンション自体が、高さ3メートルの巨大ドールハウスだというところにあります。

著者のカリーナ・スカープマンさんは3年かけて、高さ3メートルにもなるドールハウスを身近な材料や、廃材で、コツコツ作り上げました。 部屋数は、なんと100を超えるそうですよ。

その一部屋、一部屋が、絵本の舞台になっているのですが・・

それぞれの住ネズの日常の一場面が切り取られています。

身近な材料を使うコンセプトは、通じるものがありまして・・ 

ユリアとサムのお話も可愛いのですが、撮影されたシーンの一部屋一部屋を楽しんでみています。

久しぶりに、ミニチュアを飾りたくなって、ユリアとサムが、やってきそうなキッチンを思い浮かべながら、テーブルをかざりました。

P1060324_4

食べ物はあまり出てこないので、ネズミといえばチーズと相場が決まっている・・

とはかぎらないか!

『マウスマンション サムとユリア』 カリーナ・スカープマン著 (メディアファクトリー)



| | コメント (4)
|

2012年3月25日 (日)

イチゴ・・・!?

イチゴのタルトが食べたーい!

イチゴの美味しい季節ですから・・

P1060286


ホイップクリームが、ゆるかったので、タルト生地が見えないくらい、ズルズルです。

何を作っても、結局技術はごまかせないということで・・・

はい、ミニチュアのタルトです。

お皿は何かといいますと・・

バッグ・ハンガーの台にのせてあります。

P1060287タルト色の土台があるのですが、全然存在をみとめず・・

市販のミニチュア・イチゴ・スティックをカットして、

お手軽デコで盛りました。

やっぱり、本物が食べたいなぁ・・

イチゴの美味しい季節ですもの!

| | コメント (2)
|

2012年3月18日 (日)

いちごのデザート

ラジオの番組で紹介されたデザートです。

映像がないだけに、気になって、気になって・・・coldsweats01

居てもたってもいられなくて、早速作ってみました。

ものすご~~っくお手軽です。

P1060282


マシュマロとイチゴをヨーグルトであえただけ。

マシュマロは、大きいものはカットして、イチゴも適当にカットして、ヨーグルトであえたら、

一晩冷蔵庫で寝かせます。 お砂糖は入れずに、マシュマロの甘味だけです。

マシュマロがトロ~っとなって、予想外の美味しさです。

アメリカのキッズ・パーティーで人気のデザートなんだそうです。

他のフルーツでもイケそうですね。

| | コメント (2)
|

2011年9月30日 (金)

パリジャン・サンド

つまりは・・フランスパンのサンドイッチです。

外はパリパリ、中はしっとりのバケットにシンプルにハムとチーズをはさんで・・

実は・・食べにくいんだよねぇ・・でも大好きなので、分解しながら食べてます。

P1060032 左から、ハム&チーズ、(無添加を意識し過ぎて、色、薄すぎました・・)

真ん中はノルウェイ・サーモンとオニオン、

右は、塩トマのスライスと烏骨鶏のゆで卵・・・

って、言いたい放題です。

P1060034 ミニチュアだもの、何でもアリです。

お気に入りのキャンディーと比べると、こんなサイズです。

久しぶりのミニチュアで、感触を忘れていました。

粘土も値上がりしていたし・・

でも好きなことなので、時間がたつのも忘れます・・

ちょっとお手伝いをしているバザー用に、こんなストラップも作っています。

P1060038_2 こちらは、クロワッサンにサンドしています。

モデルは伊勢佐木長者町のパン屋さんぎっふぇりのスイス風クロワッサン。

ご本家には、サンドイッチはありませんが、上の方にみきれているチョコ・ギッフェリを始め、マロンやヌガー、あんこなど、 バリエーションもたくさんで、バターの香りが幸せにしてくれます。

| | コメント (4)
|

より以前の記事一覧