2015年12月 6日 (日)

師走のネコヒタ・ガーデン

師走に突入です・・が、冷え込んでいるという実感はまだありません。

いまだに、ちょっと動くと汗ばむくらいですから・・

ネコヒタガーデンの楓がやっと紅葉しました。

Dscf0201
緑から、黄色、赤とグラデーションがきれいです。

真っ赤になるにはあと数日でしょうか・・

ほったらかしの庭で、思いがけず、うれしいものが・・

Dscf0208
もう二昔前に、お隣から分けていただいた、シンビジュームが、10年ぶり、いえ、もっとかもしれませんが、花をつけていました。

花が終わって新芽がついたら、株分けをして、鉢を大きくすると、増えるからとご教授いただいたのですが・・・ 一度おこたると大きくなった株で鉢がパンパンになり、簡単に外れないのです。

それで、そのまま外にほったらかしてあったのですが、

その後3年に1度くらい情けない花芽がついて、これまた情けない花が、一つ二つ咲いたか咲かないかのうちに枯れていました。

花芽が伸びてきたら、寒風を避けて屋内に入れなさいと教わったのですが、いつもウッドデッキの陰で気が付かないまま放置しておりまして・・

先日、One dayの為に、庭の掃除をしていたら、なんと、これまでにない立派な花芽が伸び、1輪だけ、花がさいていました。

その後次々に花が開いて、1本だけの花芽ではありますが、十分鑑賞に堪える一鉢になりました。

これも暖冬のおかげでしょうか・・・

もう一鉢、暖冬を喜んでいるであろう、あの子も・・

Dscf0203

アボカドも元気です。葉っぱがどんどんふえています♪



| | コメント (0)
|

2015年9月15日 (火)

アボカド

コレステロールを下げるオレイン酸や各種ビタミン・ミネラルを豊富に含み評価の高いアボカド・・ アボカドだったか、アボガドだったか、いつも迷います。

普通に変えるようになったのは、いい大人になってからですから、

慣れ親しんだ味とは未だ言えないかもしれませんが、

おっされ~なイメージもあるままに、シロクマの好きなものの上位にランクされております。

Dscf0025
いつも、後に残る立派な種をコロッと捨てるとき、発芽させられないものかと、

何度か水栽培にトライしてみては、ぬるぬるしてきて結局廃棄を繰り返していました。

ところが、友達が立派な観葉植物に育てたと聞いて、メラメラと火が付きました。

輸入した時の環境によって、発芽しないものも多いそうです。 種は頑丈なので、後生大事に扱わなくても、ごしごし洗って、水に沈まないように、四方から、楊枝を突き刺して支えれば良いそうで・・ 

えっ? 楊枝を突き刺すの? そんなかわいそうな・・ 大体、包丁をガツンと突き刺して種を取っていたくせに、変なところで良い人ぶるシロクマはペットボトルを逆さに重ねて、後生大事に水栽培しています。

Dscf9906_210日ほどで、種がパカンと割れまして・・

根がにょきにょきと伸びてきました。

Dscf0029_2
さらに10日ほどで、スーッと茎がのびてきて、根っこはさらにどんどん伸びて、根っこの先に粒々ができています。

Dscf0028









さらに10日ほど、現在葉っぱが伸びてきて、十分鑑賞に耐える形になってきました。

そろそろ、鉢に植え替えようとと思います。

桃栗3年柿8年、梨の○○18年とかちまたでは申しますが、

はたして、アボガドに実はなるのでしょうか・・

| | コメント (0)
|

2015年6月18日 (木)

七変化

急にやってくる驟雨は、夕立に決まっていました。

此の節は、朝も夕もありません。

朝、洗濯物を外に出せるかと錯覚するくらいの日差しだったのに、一見にわかに掻き曇り・・

ザーっと一寸先もかすむほどの大雨になりました。 

もはや熱帯です。

庭の片隅の紫陽花だけを降り残す静かな雨の梅雨なんて、昔の話になってしまったのかもしれません。

ネコヒタ・ガーデンにも、アジサイを植えています。

手入れが悪いので、毎年つける花が、微妙に小さくなっている気がします・・・

日に日に色を変えるガクアジサイ、だんだんブルーが紫に。

Dscf9833Dscf9841

Dscf9850

もう一種、「墨田の花火」を植えています。

こちらは、始め白い可憐な花火が、だんだん薄いブルーに。

Dscf9830Dscf9842


雨粒が光って、より一層鮮やかになるアジサイ・・・のはずが、

あまりに激しい雨に打たれて、ところどころ、花火の外輪が歪んで、折れ曲がってしまいました。 雨が上がったら復活してくれるでしょう・・

不思議なことがもう一つ。

紫陽花の花言葉は、どれも残念なものばかりなのです・・

「移り気」「高慢」「美しいが冷たい」・・・

あっ、最後の方にありました!「辛抱強い愛情」 これにしておきましょう。

| | コメント (2)
|

2014年10月 2日 (木)

食べごろです

野菜が高い今日この頃・・

先日中華レストランで食べた豆苗の炒め物が美味しかったので、

安定価格の豆苗を仕入れました。

にんにくと鷹の爪とで炒めて味わったあと、友人のアドバイスを思い出し、水栽培に。

Dscf9278
最初の2日くらいは、切り株のまま変化は見られませんでしたが、その後、毎日2㎝位は伸びたのではないでしょうか。 6日ほどで食べごろに。

若干購入時より、細身な気もしますが、十分一皿分になりました。

Dscf9289
ということで、また、これです。 美味しいんだけど、歯にはさまるんだよねぇ・・

さて・・

気づいたら、10月に入っていました。

また今年も、植えた覚えのないトレニアがいたるところに咲いています。

Dscf9283_1
すっかり秋になりました。




| | コメント (4)
|

2013年8月11日 (日)

ピンのアクセサリーとヘクソカズラ

エアコンをいれているのに、じっとしていても、ダラダラ汗が流れます。

暑くて、息苦しくなるほどです・・・これって熱中症の始まりかしら・・

と、思ったら最後、エアコンの設定温度をガツンと下げるシロクマです。

その暑さ続きの中、前記事のパーツ工房の成果は、15人もの皆さんと、ストック・ボトルに盛りきって、無事に役目をはたしました。 超慌ただしいうちに、終わってしまったので、画像も何もありません・・・

ご参加いただいた皆さん、セッティングしてくださった地区センターの皆さん、ありがとうございました。

さて、残った粘土で、いたずらです。

Dscf8391

この頃は、100均でも、パーツがいろいろそろうようになりました。

土台付きのピンとパッチンどめにおなじみのスイーツを盛りこんで、ちびっこアクセに。

Dscf8389

こちらも、100均パーツとリボン、バケットを組み合わせて、ピン・アクセのできあがり。

もっと、派手なスイートパーツをとも思いましたが、エッフェル塔とトリコロールとくれば、

シロクマ的にはバケットなんですよね。

**********************************

シロクマ地方は、ゲリラ豪雨が避けて通ったようで、このところ、雨がふりません。

プランターの花もぐったり・・葉の大きいものほどグッタリ感が顕著です。

そんな中でも、元気なものは、やっぱり雑草なんですねぇ・・

「雑草という名の植物はない」…そうでした。

『植物図鑑』で学んだ昭和天皇のお言葉ですが、

もう一つ、ずっと頭に残っていた、唯一の草・・・

きっとこれだねっというものが、我が家にも、はびこっておりました。

Dscf8383


「ヘクソカズラ」 うら若き女性が口にするには憚られる名前のあれです。

花の部分から、語頭の部分を想像させるかぐわしい香りがするというのですが、あまり感じなかったなあ。 暑すぎて臭覚も衰えていたのかも!?

確かにものすご勢いで増えていくので、これまで、花を意識することなく、怒り狂って引き抜いておりました。

Dscf8384ほっておくとこんなに、芝生を縦横無尽にランナーを伸ばして、新たに巻きつきやすい草木を物色する、好まれざるヤツなのです。

今年は、早くから暑くなって、いつにも増して、ボウボウ状態のまま、放置していたので、

はからずも、この花に遭遇できてしまいました。

酷暑、まだまだ続きそうです。 ファイトォーッ!!

| | コメント (0)
|

2013年6月22日 (土)

植物図鑑

植物図鑑よろしく、梅雨の庭からです。

Dscf8280

やっぱり、この時期、存在感があるのは、アジサイです。

日々七変化、今は紫に近い色になっています。

昨年ガーデニング師匠からDscf8284_3

分けていただいたホタルブクロ。

喜んで植えたものの、面倒見が悪いので、

心配だったのですが、

ちゃんと根付いていてよかった!

うまくすると、すごーく増えるのですが・・

師匠の庭のように、なるでしょうか・・

Dscf8278こちらは、こぼれ種で根付いた可憐な花です。

名前がわかりません。葉は細長いもので、下の方にはばをきかせて写っているのは、タンポポの一種の葉で、この花の物ではありません。

増えると嬉しいのですが・・

皆さんのブログに紹介されていた 有川浩さんの『植物図鑑』を遅ればせながら一気に読みました。

野の草を食卓にというレベルにはなかなか達しないですが、雑草という名の草はないということを意識して眺めると、日々戦う相手である雑草なのですが、少しは違った見方ができるように思えます。

巻末のレシピもうれしいかったです。 ・・と解説まで読み進み・・!!!(じぇ、じぇ)

女性だったんだ! いやはや、お恥ずかしい限り・・ 

細やかな女性の描き方や、お料理の丁寧な説明など、思い当たるところはたくさん・・・

今更ながら、なるほどと納得したシロクマなのでした・・

さて・・本編でも、絶賛されている醤油ポン酢。

私もファンです。

Dscf8328
ちょっとお値段ははりますが、普通にスーパーで手に入ります。

とってもマイルドで、柚子の香りがさわやかです。、 ドレッシングがわり(にはちともったいない)や、山芋の千切りとか、美味しくいただけます。

あわててもう1品というときにすごく便利。・・あっ、主人公がこのポン酢を知ったきっかけも、そういうところからだったかなぁ・・

| | コメント (4)
|

2012年9月17日 (月)

そろそろ最後のゴーヤかな?

3連休、暑かった・・・

突然の雨に洗濯物を出したり、入れたり、ハラハラ・ドキドキゲームみたいで、結構体力を消耗しました。

そのにわか雨の間隙をぬって、ガーデニング師匠が、お庭の手入れをしておいでだったので、見習って、すっかり枯草となった、ゴーヤとキュウリを引っこ抜きました。

もう、誰が見ても、終わりでしたから・・

キュウリは2株で、8本収穫できました。

でも、ゴーヤは、悲しいかぎり・・

こんなんできましたーっあ!

Dscf7703


12cmほどのが、夏のはじめに2本取れて以来、ひょろひょろのつるには、花はさくのですが、雄花ばかり・・ やっとできたと思ったら、レンゲにおさまる一口サイズの実が2個なっただけでした。

師匠に見せたら、あきれられたか、気の毒に思われたか、3Lサイズを1本くださいました。

Dscf7862

30cmはあるでしょうか・・ こうでないとね!

佃煮風に塩昆布と一緒にいためて、ガッツリいただきました。

Dscf7832来年は、もう少し、できるといいんですが・・・

まだまだ、修行が足りないので、来年も師匠作をいただいて、勉強させていただきたいと密かに願うシロクマなのでした・・

| | コメント (2)
|

2012年8月 4日 (土)

収穫

蜂事件以来、ネコヒタガーデンは、さらに草ぼうぼうになっていますが、水撒きだけは、蜂スプレーを携えて、何とかこなしております。

 

蜂の巣は撤去したので、もう姿も見かけなくなったのですが、

 

背後で急にセミがヂっと鳴いて飛び立ったりすると、頭のてっぺんまでビーンと電気が走ります。

 

割に、虫、小動物系、平気タイプだったのですが・・ トラウマってヤツでしょうか・・・?

 

そんなこんなを知ってか知らずか、 キュウリの2度目の収穫ができました。

 

1か月くらい前に、2本だけ収穫できたのですが、それから、強風で倒れたり、気温が下がったりして、ちっとも雌花が付かず・・ やっと花がつき始め、本日3本(通算5本目)収穫しました。 

Dscf7659

プランターに植えた2株、頑張ってます~♪

Dscf7678


川の字で記念撮影。 サイズは小柄ですが、朝もぎは美味しいです。

 

あまり大きくなるのを楽しみに待ってしまうと、ウリと化して、ワイルドな味になると学習したので、 早めに収穫しました。

Dscf7658でも、こちらはあまりにも小振りなので、もうしばらく待ってみようかと思います。

 

身長11cmのゴーヤ君、 こちらもキュウリと同様、ちっとも雌花が付かなくて、このところの暑さで、やっと実ったゴーヤです。

 

結構雄花は着くのですが、1日の命で、ハラハラとちるばかり・・・・ 次に続いて行かないのが、悲しいところです・・

 

今日は久しぶりに暑い雲が出て、ほんの一瞬雨がふりました。 若干気温が下がるという予報です。

 

でも待ちに待った雨粒もシュワーッとどこかに吸収されて、湯気とともに、土埃のにおいを掻き立てていきました。

 

なお一層ムシムシしています。 やっぱりエアコンつけちゃった・・

 

| | コメント (2)
|

2012年6月25日 (月)

シソジュース

活発な梅雨前線が暴れています。

記録的な大雨のニュース・・心配です。

ジリジリと押し上げられた前線によって、今後は大雨の地域も移動してくるのかな・・

油断ができませんね。

Dscf7553

雨のせいにして、雑草が伸び放題になっているネコヒタ・ガーデンで、唯一鮮やかな一画が紫陽花のエリアです。 何もせずにほおってあったので、小さい花がたくさんつきました。日に日に花色が七変化して、楽しませてくれています。

昨年は刈り込んでしまったので、ドカンと大きい花にはなりましたが、そのかわり花数が少なくて、盛り下がり気味だったなぁ・・ 

                  :;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

この時期、鮮やかな彩をもう一つ・・

遅ればせながら、赤シソのジュースを作りました。

炭酸で割るのが、おすすめです~♪

Dscf7557_2

今年は今のところ、気温が低めで、助かっていますが、

一旦太陽が出ると、吹き出す汗を止められないお年頃でもあり・・

シソのパワーをもらって、頑張らなくちゃねっ! 

| | コメント (2)
|

2012年6月11日 (月)

梅雨入り

梅雨入りです。

今年は5月から、梅雨明け後のような雨の降り方だったので、調子が狂います・・

昨日も、朝は雲一つない青空でしたが、昼から雲が広がって、夜は雨になるという、晴でも傘を持って出かけるべし、という不安定な天気でした。

家でうだうだしていたシロクマは、洗濯物も片付けて、ちょっとだけ(ほんとにちょっと・・・!)、庭も綺麗にしました。

我が家のネコヒタ・ガーデンには特筆すべきものは何もないのですが、

ガーデニング師匠のお隣には、所せましと、次から次へと、季節の花が咲き乱れています。

色違いのホタルブクロが気になっていて、垣根越しに眺めていたら、

バサッと、刈り取って、御すそ分けしてくださいました。

Dscf7515


3種類の色違いがあります。 

なかなか水揚げしにくいので、根本をお湯に数十秒つけてから、水切りすると長持ちするそうです。 おかげで、とっても元気で、たくさんついているつぼみが楽しみです。

蛍の季節になったということですね・・

お隣には、こんな可憐なお花もさいています。 さて、何でしょう?

Dscf7487_2

この仲間は、どこからともなく、侵出してきて、嫌われ者になりがちなのですが・・

こちらはなかなか魅力的。 師匠も、少しずつ、増やしているのです。

そう、元の仲間は、あの、ドクダミ! それが八重咲きになると、イメージが一変します。

垣根のこっち側はといいますと、今年も食べられるものに重点が・・

Dscf7486


今年も、サンチュ、ちょっと使いたいときに便利です。 でも、虫がつくのよね・・

庭仕事が終わったらのお楽しみに作っておいた、チーズケーキ。

先日のシリコン・スチーマーで作ったジャムのおかげで、気分もupでした。

Dscf7505

| | コメント (6)
|

より以前の記事一覧